2022年12月6日(火)

【特集:JIMTOF2022】PART3/ JIMTOF2022の巡り方

ホールの特色を理解し予定を

東は工作機械、西は工具、南は新設のAMエリア

JIMTOF2022の出展製品は幅広く、1000を超える企業・団体が工作機械、測定機器、工具、ソフトウェアなどを披露する。さらに今回から南ホールも会場となったことで、東京ビッグサイト全ホールを使って開催されることとなる。開催期間中に全てを回り切ることは難しいため、どのホールにどんな製品が出展されているのかを把握し、あらかじめ予定を立てておく事で、開催期間中に効率よく回ることができるはずだ。

東ホール

東ホールのうち、南側にある1〜3ホールでは、工作機械と鍛圧機械がメインで展示される。大型5軸加工機や研削盤に加え、ナノレベルの加工技術が紹介されるほか、鈑金やレーザー加工機の最新機種が登場する。

北側にある4〜6ホールでは、工作機械やCAD/CAMなどのソフトウェア、その他の関連機器を展示。デジタルツインやAIを活用した工作機械など、製造業で課題となっている人手不足を解決するための自動化技術が展示される。また、カーボンニュートラルへ対応する技術も注目だ。

7・8ホールでは、工作機械・測定機器メーカーや、関連メーカーが多数出展。測定の効率化や自動化などの方法が紹介される。また、大学や関連期間によるポスターセッションも見どころだ。

西ホール・アトリウム

西1ホールには、最新の切削工具が集まる。半導体関連などで使用される超微細精密を可能とする切削工具や耐摩耗工具、硬脆材や高硬度加材向けの最新工具が出揃うほか、工具を効率的に管理するためのツールボックスなど、工具周辺のツールも展示される。

西2ホールはツーリングや工作機器など切削加工に欠かせない最新のツールが出展する。また、直動やベアリングといった工作機械や産業機器を支える最新の機械要素部品が見られるのも特長だ。

南ホール

今回から会場に加わった南ホールでは、注目トレンドのAM関連技術が多数展示される。部品点数の削減、リードタイム短縮、多品種少量生産を可能にする技術が出そろう。期間中に開かれる、AMに関する最新技術などのセミナーや講演会なども見逃せない。

日本産機新聞 2022年11月5日

[ 展示会 ][ 日本産機新聞 ][ 特集 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト