2022年8月16日(火)

三叉路…

 ○…売れる商品づくりの要はマーケティング。潜在するニーズを探り、それに応える商品をつくり、世に広める。自動車の電動化や5G。ものづくりを取り巻く環境が大きく変化する中、その重要度は増している。逆に、プロダクトアウトのヒット商品は生まれにくい。

 ○…とはいえマーケティングには手間とコストがかかる。「市場調査で探した数百のニーズの中から、それをヒントに生まれる商品は一握り」(切削工具メーカー)。費用対効果を測りにくいマーケティングに力を入れることができるのは大手企業が殆どだ。

 ○…しかし最近はそうではないようだ。SNSで新製品を発表し、購入したユーザーに評価してもらう。それをもとに改良したり新型をつくったり。かかる手間やコストは少ない。ある作業工具メーカーは「中小企業がマーケティングしやすい時代になった」。

 ○…開発資金を募るクラウドファンディングを利用するメーカーも増えた。目標金額に達すれば商品化する。この方法だと売上を想定しにくいニッチな市場向けや奇抜なアイデアもカタチにできる。SNSやクラウドファンデングは機械工具の商品開発の手法を広げている。

日本産機新聞 2021年2月5日

[ コラム ][ 三叉路 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト