2021年10月18日(月)

工作機械 中国は大幅回復 –5月受注512億円–

グラフをクリックで拡大
グラフをクリックで拡大

 日本工作機械工業会(日工会)は、2020年5月の工作機械の受注額(確報値)が前年同月比52・8%減の512億3900万円だったと発表した。内需は181億9200万円(同57・4%減)、外需は330億4700万円(同49・8%減)だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、設備投資計画の凍結や延長が国内外で起こり、受注に影響を与えている。特に内需は緊急事態宣言下で経済活動が落ち込んだ影響も多く、日工会は、「設備投資ができる環境ではなかった」と分析した。

 外需では、多くの国が前月比ベースでも落ち込みを見せる中、中国が、前月比122・6%の141億73000万円と大幅に回復した(前年同月比は84・1%)。

 日工会の飯村会長は「中国が経済対策をいち早く行っている。見通しは厳しいが、第二波が来ないことを前提にしたら、7月で底を打ち、景気は上向きになる」と期待感を寄せた。

日本産機新聞 2020年7月3日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

ニッセイ 新ブランド「UXiMO」を開発

ロボット向けに高剛性減速機 ニッセイは、需要拡大が予測される産業用ロボットやAGV/AMRなどの移動体ロボット市場、その他FA機器市場向けに高剛性減速機の新ブランド「UXiMO(アクシモ)」を開発。今回、「DGHシリー […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 注目33社の出展製品

新たなニーズに応える最新の技術提案 今年のメカトロテックジャパンのテーマは「キカイを探そう」。2年ぶりの工作機械見本市とあって、メーカー各社は新製品や新技術を披露できる久しぶりのリアル展として力を入れている。自動車業界は […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 セミナー/ワークショップ/コンセプトゾーン

セミナー  (交流センター3階会議ホール、定員250人、聴講無料) テーマ「自動車」 クルマ作りの概念が変わる 講演①:「カーボンニュートラルを見据えたモノづくりの進化」 日時:10月20日(水) 13:00~ […]

トピックス

関連サイト