2020年8月11日(火)

仕事考…

自由な発想と想像力で –経営的視点を持って–

新しい時代・人間の強み

 新型コロナウイルス感染の第2波を警戒しながら、そろりそろりと動き出した。マスク、手洗い、ソーシャルディスタンス、リモート…など新常態ができつつある。期せずして働き方改革が急速に進むことになり、営業方法やプロモーション手法・スタイルも大きく変わってきた。

 今は、緊急事態宣言により客先への訪問ができなくなり、売り上げの激減で、「会社は誰のためにあるのか」を改めて考える機会になった。利益を稼ぐためだが、それは、①社員の生活安定・向上であり、②株主への利益還元、③社会貢献、何よりも④会社を存続させるため…と考えた。

 第一は、社員の生活のためだろう。ところが、業績が厳しくなっても会社にぶら下がっている社員を見ると、そこまで社員のことを考えなくてもいいのではないかという気持ちも芽生える。

 やはり、社員全員には経営的視点、経営者意識を持つようになってほしい。それは、利益に対する責任感であり、コスト意識、いざというときの判断、広い視野など、いろいろな要素がある。何時でもトップに代わり指示し、会社を継続できる人材になってほしい。

 新常態は、過去の経験はもはや役に立たない。過去に実績を残してきたある一定の年齢層の成功事例や教訓は、これからの社会では通用しないと考えないといけない。トラスコ中山の中山哲也社長は「過去の延長線上に未来はない」と言い続けている。「誰もが思いつき、誰もが進む方向に成功の文字はない」とも。まさに今がその時だと思っている人が多いのではないだろうか。独創的な発想が必要なのだ。それができるのは人間しかいない。

 社内では「〇〇だけはしてはいけない」という言い方をしている。例えば「信用を失うようなことだけはしてはいけない」。言い換えれば、「信用を失うこと以外は何をしても構わない」。

 コンピュータはシステム上、「こういう時はこうする」というプログラムを組んでいる。AIも同様だろう。だから、機械は「してはいけないこと以外はやっていい」という判断はできない。それが人間の柔軟性・幅の広さとの違いだ。

 若い人たちには、自由闊達な発想と奇想天外な想像力を活かし、試行錯誤を繰り返しながらイノベーションの達成を願う。経営的視点を持って。

日本産機新聞 2020年7月3日

[ コラム ][ 仕事考 ][ 新商品ファイル ] カテゴリの関連記事

三叉路

三叉路

 ○…そのユーザーは40年前、マシニングセンタ3台を購入した。自動車の金型を手掛け、従業員は約10人。総額6千万円の投資は夢への切符であり賭けでもあった。しかしバブルが崩壊。新車の開発計画は白紙となり多額の借金が残った。 […]

三叉路

三叉路

 ○…マシニングアーティスト—。微細加工機メーカー・碌々産業の海藤満社長は、マシニングセンタを駆使して超精密な加工を実現する加工技術者をこう称する。「自らの豊かな感性と創造性を働かせて超精密な加工を手掛ける技術者は、まる […]

仕事考…

仕事考…

目標達成が必須 言い訳不要 プロの集団  コロナウイルス感染の第2派を警戒しつつ、経済は徐々に動き出している。予期しないパンデミックによって、業績に大きな影響を受けたのは機械工具業界も例外でない。しかし、事業存続のために […]

トピックス

関連サイト