2022年6月28日(火)

中部支店を開設
IZUSHI

テクニカルセンターも併設

 IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)は名古屋支店と三河テクニカルセンターを統合・移転し、中部支店を開設し、同支店内に刈谷テクニカルセンターも設けた。住所は愛知県刈谷市東刈谷2丁目2番地2、電話0566・62・8090。同テクニカルセンターには工作機械(高松機械工業製)や光学顕微鏡(キーエンス製)を設置し、テスト加工や切削工具の刃先診断テストを行う。

 中部支店のコンセプトは「働く人のパフォーマンスを最大限に発揮できる環境」で、ゆったりとした空間と木目調の床や机、オシャレな本棚を配置。所々に樹木を取り入れ、限りなく自然に近い環境に近づけた。事務所デザインを手掛けた同社の箸方昭治氏は「今までは違った働く環境を整え、アイデアが出しやすい職場にしたかった」と話す。プロジェクターや音響設備なども完備し、時折ミュージックを流すことでコミュニケーションの活発化を促す。

 また、同支店の2階フロアはsnow peakとコラボし、キャンピングオフィスosoto

というシェアオフィスも開く。キャンピング用品を利用した空間で、テントから机やイスまでキャンピング用品で構成されたオシャレな空間だ。「自然を出すことでオープンな環境が生まれるという。個人や法人、地域の人々に活用してもらえる場所にしていきたい」と、今後はイベントなども開く予定だと話す。

 

日本産機新聞 2020年3月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト