2020年4月5日(日)

現場のお悩み かんたん解決
中部機械加工システム展

3月19日・20日に開催

最新技術が一堂に(写真は前回)

 工作機械、周辺機器をはじめとする最新の機械加工システムが一堂に会する「中部機械加工システム展」が3月19日㈭・20日㈮の二日間、ポートメッセなごや第3展示館(名古屋市港区)で開催される。

 主催は東海地区を中心とした有力販売店で、事務局はジーネット名古屋支社(松吉正訓取締役支社長)。ユーザー4000人の来場を見込んでいる。

 同展のテーマは「現場のお悩み かんたん解決」。機械加工に焦点を絞った展示で、170社を超えるメーカーが最新技術・最新製品を出展。工作機械、生産性向上、省エネ・環境、省力化、BCP対策など、来場するユーザーの部門・部署によって想定されるテーマに基づいて分類した展示構成とし、各ブースでは提案内容を解りやすく紹介する。見て触って、ユーザーが気付いていない潜在的な需要を掘り起こす絶好の場となりそうだ。

 ジーネットのPB商品コーナーも、高品質・低コストで付加価値の高い製品が集結し見逃せない。

 テレビなどで活躍している山口真由氏によるセミナー「今後、日本で求められる企業活動、社会活動の対応とは?」をはじめ、工作機械、CAD/CAM、測定、切削工具、IoT、安全・環境対策など興味深いテーマのセミナーも開く。

 さらに、Web上であたかも展示会場に行ったかのような体験ができる「バーチャル展示会」が1月から4月まで開設され、ユーザーに事前に閲覧して「見たい」「試したい」「説明を聞きたい」などを感じてもらうことで来場を促すと共に、展示会後に出展製品を再確認できるようにする。

日本産機新聞 2020年1月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

三叉路

三叉路

 ○…「当面の間、首都圏地区の全従業員を在宅勤務とする」。あるメーカーでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、一部の拠点で在宅勤務を実施する。別のメーカーでも政府が「収束か拡大の瀬戸際」とする1週間は一部の従業員 […]

特定イメージを醸成 <br>選ばれる存在に育てる

特定イメージを醸成
選ばれる存在に育てる

ブランディング  知名度アップのために、機械工具業界の企業もテレビCMや新聞広告、バスケットボールやハンドボール、ゴルフ、自動車レースなど各種スポーツをサポートする様々なPR活動を展開している。  一方で「ブランディング […]

大阪営業所リニューアル
東京精密

ショールームを2倍に  東京精密は、大阪営業所(大阪府吹田市江坂町、増田岳史国内営業第4部部長)をリニューアルし、1月27日から業務を開始した。  ショールームは従来の2倍に拡大し、大型セミナールームも設置した。2階事務 […]

トピックス

関連サイト