2019年4月19日(金)

油潤滑式スクリューコンプレッサ 7.5、11、15kWを追加
三井精機工業

吐出し空気量向上

 三井精機工業(埼玉県比企郡、049・297・5555)はこのほど、油潤滑式スクリューコンプレッサ「ZgaiardXシリーズ」から7・5kW、11kW、15kWを発売した。吐出し空気量や耐環境性能を向上させた。スタンダードモデルとインバータ内蔵モデルの全6機種を揃える。

 「ZgaiardXシリーズ」は、従来シリーズから圧縮機構を改良し、吐出し空気量を増大させた油潤滑式スクリューコンプレッサ。一昨年に22kW、37kW、昨年に55kW、75kWを発売した。7・5kW、11kW、15kWを追加したことで、小型から大型までラインアップを揃えた。

 吐出し空気量は7・5kWで毎分1・21㎥、11kWで毎分1・86㎥、15kWで毎分2・64㎥を実現。同社は「同等クラスでは最大の空気量を達成した」としている。

 環境性能も向上させた。吐出空気中に含まれる油分を従来の半分まで軽減したほか、潤滑油の充填量も削減。環境に優しいだけでなく、ランニングコストも抑えることができる。周囲温度50度まで対応する。

日本産機新聞2019年4月5日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ][ 電動・空気工具 ] カテゴリの関連記事

君浪営業部長 が社長に
梅田機工

 梅田機工(大阪市西区、06・6532・5731)は4月1日付で、君浪宏会長の次男で営業部長の君浪健氏が社長に就任した。君浪進社長は代表権の無い相談役に就いた。宏会長は退任した。  君浪健氏は1972年生まれ、大阪市西区 […]

新工場が本格稼働
生産能力3割引き上げ
協育歯車工業

半導体、ロボット向け強化  協育歯車工業(東京都台東区、03・3831・8238)は3月、埼玉県春日部市で4棟目の新工場を本格稼働させた(写真)。半導体やロボット業界向けなどの高精度歯車の生産を強化する。ロボットなど自動 […]

本社工場棟の再編完成
工具研削盤、36%増産

牧野フライス精機 年180台体制に  牧野フライス精機(神奈川県愛甲郡、046・285・0446)が2015年から建て替えを進めてきた本社工場棟の再編が完成し、4月から本格稼働した(写真)。工具研削盤の生産能力を36%増 […]

トピックス

関連サイト