2019年4月19日(金)

精密な作業に最適
エアーマイクログラインダー
UHT

2万4千回転の高トルク

 UHT(愛知県愛知郡東郷町、0561・38・2101)は精密研削・研磨作業用の新機種「高トルクエアーマイクログラインダーHTSG‐3S」を発売した(写真)。

 ロングセラーのMSG‐3BSPLUSよりも回転数を抑え、約2倍の高トルクを実現し、力強い研削研磨を可能にした。そのため、ゴム砥石や超硬ロータリーバー、軸付きフェルトなど先端工具も使用でき、砥石の選択幅を広げている。

 同製品は製品設計を見直し、回転数を2万4000回転に抑えつつ、従来品より約2倍の高トルクと消費空気量を約40%にしたほか、精密な作業に最適な直径18㎜にするなど、作業性の向上を図っている。

日本産機新聞2019年4月5日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ][ 電動・空気工具 ] カテゴリの関連記事

君浪営業部長 が社長に
梅田機工

 梅田機工(大阪市西区、06・6532・5731)は4月1日付で、君浪宏会長の次男で営業部長の君浪健氏が社長に就任した。君浪進社長は代表権の無い相談役に就いた。宏会長は退任した。  君浪健氏は1972年生まれ、大阪市西区 […]

新工場が本格稼働
生産能力3割引き上げ
協育歯車工業

半導体、ロボット向け強化  協育歯車工業(東京都台東区、03・3831・8238)は3月、埼玉県春日部市で4棟目の新工場を本格稼働させた(写真)。半導体やロボット業界向けなどの高精度歯車の生産を強化する。ロボットなど自動 […]

本社工場棟の再編完成
工具研削盤、36%増産

牧野フライス精機 年180台体制に  牧野フライス精機(神奈川県愛甲郡、046・285・0446)が2015年から建て替えを進めてきた本社工場棟の再編が完成し、4月から本格稼働した(写真)。工具研削盤の生産能力を36%増 […]

トピックス

関連サイト