2022年6月26日(日)

全機工連常任理事会 委員会を大幅刷新
若手交流の専門委設置へ

全機工連常任理事会
 全日本機械工具商連合会(坂井俊司会長)は3月8日、東京都港区の機械工具会館で常任理事会を開き、今後の委員会活動について協議した。正式には総会にはかることになるが、人材開発委員会を若手交流に関する委員会に改組するなどを確認した。

 全機工連ではこれまで、広報、情報・IT、機工メイト委員会、人材開発の4つの委員会を中心に活動してきたが、より効果的な運営とするため、活動の見直しを協議した。

 6月19日の総会で正式に決定するが、人材開発委員会は、若手交流委員会(仮称)として改組することを確認。人材開発に関する活動は、愛知組合が中心にしてきたが、全国横断的な企画が難しいなどの理由から、統一テーマを設定し、各地域やブロックで活動していくことも報告した。

 機工メイト委員会についても、販促の支援や情報交換を積極的に行うため、各地域やブロックで細やかなイベントを開いてくことで一致。

 広報誌「かいほう」の制作などを含めた広報委員会はこれまで同様に継続するが、情報・IT委員会は、一定の役割を果たしたとの認識から、解散する方向で調整する。

 坂井会長は「業界全体を底上げができるような委員会活動にしていきたい」としている。

日本産機新聞 平成30年(2018年)3月20日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト