2021年9月20日(月)

和を以て活路を開く
フクダ精工 岩崎 秀明 社長

理解し合い能力を補完

フクダ精工 岩崎社長 企業は人が集まりできている。仕事への意欲が高い人、周囲と協調できる人、趣味に自分の世界を持っている人。仕事への感性、人生観、趣味趣向の異なる人が集まっている。

 企業の競争力の源泉は、この多種多様な個性を持つ人財。個性が違うから、共に仕事に取り組む中で刺激し合う。その刺激が新たなものを生み出す。

 当社は切削工具のメーカー。ユーザーニーズに応える工具を生み、効率良く安定した品質で造り、金属加工の現場にお届けする。そのプロセスの中で社員が刺激し合い、さらなる改善を図りたい。

 その上で最も大切なのは社内のコミュニケーション。心の垣根を低くし、どんなことでも話せる人間関係をつくる。そして仲良しグループではなく、疑問をぶつけ合い切磋琢磨する関係を築くことだ。

 そのためにまず笑顔でいること、そしてきちんと挨拶をすること。笑顔は相手の心の扉を開けるカギであり、挨拶はコミュニケーションの第一歩だ。笑顔と挨拶がなくて友好な関係構築はあり得ない。

 そしてコミュニケーションによって互いの理解を深め、個性を生かす。それぞれの得意分野で能力を補完し相乗効果を出す。劣っている分野は優れた者から学び底上げする。そうすることで会社の力は伸びる。

 年初にその一年の行動指針のテーマを掲げるが、今年は「平和」とした。相互理解、相互補完による和を以て新たな事業の創出、改善活動に取り組む。人の集まりである企業の魅力を最大限に引き出し、活路を開きたい。

日本産機新聞 平成30年(2018年)3月20日号

工機ホールディングス 新型コードレスインパクトレンチ

締め付けスピード1.5倍 工機ホールディングス(東京都港区、03-5783-0601)はこのほど、コードレスインパクトレンチ「WR36DD」(写真)を発売した。従来製品に比べ、締付けスピードは約1.5倍、ボルト緩めスピー […]

東機工青年部会 第37回通常総会を開催

添原部会長が続投 東京都機械工具商業協同組合青年部会(添原彰弘部会長・太宝商店社長)は6月28日、組合会議室(東京都港区)とウェブの併用で、第37回通常総会を開催した。役員改選が行われ、会長は添原彰弘氏が留任した。副部会 […]

イノフィス 腕の負担を軽減

オプションパーツを追加 イノフィス(東京都新宿区)はこのほど、腰補助のアシストスーツ「マッスルスーツEvery(エブリィ)」のオプションパーツとして、持ち上げ作業時の腕の負担を補助する「LIFT(リフト)(写真)を発売し […]

トピックス

関連サイト