2021年11月28日(日)

【ウェブ限定】INTEGRGX i-500―ヤマザキマザック

シリーズ最上位機を発売

豊富な仕様で最適機選択

INTEGREX i-500 ヤマザキマザックは、複合加工機 INTEGREX iシリーズの最上位機種「INTEGREX i-500」を発表し、注目を集めている。価格は5750万円からで、年間60台の販売を見込む。

 「INTEGREX i」シリーズ中最大となるφ700㎜までの加工ワークに対応する。高出力・高トルクのビルトインモータを搭載しながらも、全長をこれまでより短縮した新開発のコンパクトミル主軸を採用し、生産性の向上と加工領域の拡大を同時に実現している。また機械構造の改良・高剛性化やB軸/C軸に高精度スケールを標準採用などにより、さらなる高精度化を実現した。

 モジュラー・コンセプトを新たに採用し、旋削主軸(4種)やミル主軸(4種)など各部仕様の選択の幅を広げ、多様な仕様展開を行っている。ギア加工や高精度5軸加工など、自動車や航空機などの各業種で求められる専門的で付加価値の高い加工を含め、さまざまな加工ニーズに最適な仕様の一台を選択することが可能。自動化ニーズに対しても、左右どちらにでも配置可能な高速ガントリーロボットやロボットインターフェースなど、さまざまなオプションを用意している。

[ 【ウェブ限定】 ][ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

ジーネット 東京機械加工システム展

11月19・20日 東京流通センターで 最新の機械や工具などの機械加工に特化した展示会「東京機械加工システム展」が11月19・20日、東京都大田区の東京流通センターの第二展示場で開かれる。最新技術や製品の展示はもとより、 […]

トピックス

関連サイト