2019年11月13日(水)

東京機械加工システム展
ジーネット

162社が出展、改善提案

 機械や工具、ソフトなど機械加工に特化した展示会「機械加工システム展」が11月22、23日、東京都大田区の東京流通センター(TRC)で開かれる。東京での開催は2年ぶり4回目で、今回は「Connecting to the future製造業の未来へとつなげる」がテーマ。それに基づき162社のメーカーが最新加工技術や、現場の改善提案を紹介する。2日間で2700人の来場を見込む。

バーチャル展示会も

 同展はジーネットが企画・運営し、首都圏を中心とした同社の主力販売店約180社が主催で、162社のメーカーが出展する。「来場者も出展者も機械加工に携わる人達だけなのでより突っ込んだ商談ができる」(渡辺和彦社長)のが特長だ。

 今回のテーマに基づき、162社のメーカーがIoT、自動化、バリ取りなど10のカテゴリー(後述)で展示する。IoTでは、各工作機械メーカーが提供するIoTプラットフォームを紹介するほか、稼働監視や保全など様々なアプリケーションも紹介する。自動化ロボットでは、ロボットの新製品や、多様なハンドなどを出展。同社のエンジニアリング部が現場に密着したステム構築の提案も行う。もちろん、機械や機器、工具の最新製品も展示される予定だ。

 セミナーも技術的なものから、ダイヤ精機の諏訪貴子社長が「中小企業の事業継承と経営改革について」講演するなど、多様なテーマをそろえた。

 販売店やメーカーの販売をサポートするために、事前登録システムも充実させた。

 販売店経由で来場者のユーザー一人ひとりにIDを付与。出展メーカーにIT端末を渡し、ユーザーのIDと紐づけし「だれがどんな商談をしたのか、どんな製品に興味があったのか」を見える化する。

 2日間で2700人の来場を見込むが、事前情報の提供や、展示会に行けないユーザーをフォローするために、10月から12月まで期間限定で、ウェブ上でバーチャル展示会も開催する。

 実際の展示会と同じく、登録制にし、販促につなげる。ユーザーは個人登録になるが、どの販売店経由で登録したのかを明確にし、誰が来場し、どんなものに興味があるのかなど分析し、販促のサポートにつなげる。

[ 未分類 ] カテゴリの関連記事

展示場をリニューアル
サカイ工機

転造や圧造の最新機 実機操作し研修も  サカイ工機(大阪市東成区、06・6976・5331)は、ショールームを改装しリニューアルオープンした。最新の転造機や圧造機を展示し、実機を操作して加工技術の研修もできるようにする。 […]

土岐に新工場  20年4月稼働<br>アマダホールディングス

土岐に新工場  20年4月稼働
アマダホールディングス

曲げ加工機の生産倍増  アマダホールディングスは、岐阜県の土岐事業所内に金属の曲げ加工機や自動搬送装置を生産する第二工場を新設する(写真)。2020年4月の稼働予定で、生産能力を従来に比べ倍増させ、高まる加工効率化や自動 […]

ニュース

オーエスジー ニックネーム大募集!
当選者に商品券10万円プレゼント

JIMTOF発表の新ドリル オーエスジーは、11月1日から東京ビックサイトで開催されるJIMTOF2018で発表するAブランドの新ドリル「3枚刃油穴付き超硬ドリル ADO‐TRS」のニックネームを募集している。 ニックネ […]

トピックス

関連サイト