2022年6月28日(火)

超硬エンドミルが好評
三興製作所

加工能率、工具寿命向上

 三興製作所(群馬県太田市、0276-56-1211)の超硬エンドミル「HGFLXシリーズ」が好評だ。独自のコーティングと不等分割の形状によって、切りくず排出性や防振性が向上。加工能率が大幅に向上したり、工具寿命が倍以上に伸びたりと量産部品の加工などで高い効果を発揮する。

 昨年6月にショート刃を発売し、今年8月にレギュラー刃とロング刃を発売した。一般鋼から難削材まで幅広い被削材に対応でき、自動車や建機など様々な分野で高く評価されている。

実際の加工の様子

 独自の「HGコーティング」を採用。また、防振性や防音性に優れる不等分割の切れ刃と、独自の溝形状によって、切りくず排出性を向上させた。さらに、ロング刃の「HGFLXL」では側面加工に特化した高剛性設計にすることで、たおれの少ない仕上げ加工が可能となった。

 また、長寿命化に加え、加工面の面粗度も向上する。「荒から中・仕上げまで幅広い加工工程を1本でカバーすることができる」(名古屋隆社長)。現在のラインアップはスクエアのみだが、今後ラジアス形状や刃数を増やしたタイプなどシリーズを拡充させていく予定だ。

 

日本産機新聞 2019年11月5日

[ 切削工具 ][ 動画 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト