2022年6月25日(土)

スイデン、中国から鳥取に生産移管

スポットエアコンの一部

コスト増を回避

SAC_01_X2

 スイデン(大阪市天王寺区、06・6772・8666)は2017年1月から、中国で生産していたスポットエアコンの一部機種を鳥取工場に移管する。円安の影響や生産技術の伝承を強化するためで、あわせて鳥取工場も増床する。

 同社は1992年にスポットエアコンの販売を開始。2004年にはコストダウンを目的に中国広東省東莞市に生産拠点を移していた。しかし、人件費の高騰や円安が続いていることに加え、東莞工場の負荷も高まっていた。東莞の平準化と国内での技能伝承を図ることも必要と判断し、国内回帰を決めた。

 鳥取工場に戻すのは2口タイプのスポットエアコンで、18年からは3口タイプも生産する。合わせて、鳥取工場も増床する。元々の組み立てラインに加え、中2階に600㎡を新たに確保。1階で大型機種の組み立て、2階で中型や小型の組み立てを行う。同社では「追加設備などについては、これから増設していくが、詳細は今後詰めていく」としている。

日本産機新聞 平成27年(2015年)4月25日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト