2023年2月2日(木)

【メーカートップインタビュー】エンシュウ副社長/鈴木  敦士氏「中小ユーザーを開拓」

自動化・省人化ノウハウが軸

エンシュウ副社長/鈴木  敦士氏

今年取組んでいること。

中小ユーザーの開拓だ。2020年に創業100周年を迎え、次の100年に向けてさらに成長するために、21年からの中期5カ年計画「チャレンジ500」では自動車以外の市場拡大を掲げた。

自動車業界で培った実績と自動化技術、IoTなどデジタル技術を活かして、中小ユーザーの自動化・省人化を支援することが当社の使命であり、それが日本のものづくりの裾野を強化することに繋がると考えている。

例えば、プログラムも治具も含めて簡単に自動化できる機械、あるいは標準的に自動化機能を織り込んだものなど。そのひとつが、立形マシニングセンタのX軸の動きを利用してガントリーローダーの動作をさせる「E‐Loader」だ。

今秋のJIMTOFでは、立形・横形マシニングセンタを各1機種を初披露する。ロボットメーカーと組んで共同展示も計画している。

レーザー加工機も強み。

当社のレーザー加工機は、溶接・焼入れ・肉盛りに対応。例えば、脱炭素化を掲げるユーザーは、高周波からレーザー焼入れに切り替えることで電力消費量を数分の1から数十分の1に削減できる。

エンシュウコネクティッドを設立。

自動車業界で培った自動化ノウハウと、高度なIoT技術を生かし、電機、医療などの異分野にも挑戦する。切削加工においては、当社製に限らず、他メーカーの機械、治具や工具も含めてトータルでインテグレートする。自動化からDXまで一気通貫で提供できる。

今後の活動は。

商社、販売店の皆さんの協力を得ながら、ユーザー1軒1軒の要望を具現化。その成功事例を全国に拡げていきたい。営業担当者は、各エリアに1カ月に2週間以上滞在。引き合い、受注が順調に拡大しており、拠点の再整備も視野に入れている。

人手不足が課題となっている今、「自動化・省人化のエンシュウ」に是非お声をかけて頂きたい。

日本産機新聞 2022年9月5日

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト