2022年8月16日(火)

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露

非接触かつ高速に測定可能

東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオープンハウスを開催した。シャフコムのテクニカルセミナーと実機見学会、その他新製品のフリー見学会を実施した。

同社は今年2月、独・イエナオプティック社と光学式シャフト形状測定機の日本国内における販売、保守サービスに関するライセンス契約を提携。「Shaftcom」を新たに製品ラインアップに加え、販売を開始した。

「Shaftcom」はシャフト形状のワークの測定に特化した光学式測定機。ラインスキャンカメラで寸法公差と幾何公差を非接触かつ高速に測ることができる。また、優れた耐環境設計で生産現場への設置も可能。「加工したワークを生産環境下ですぐに測ることができるため、歩留まり率の改善にもつながる。また測定機メーカーとして創業当時から培ってきた「測る」技術とサービスノウハウがあるため、導入から日常の測定、アフターサービスまで安心してお使いいただける」(技術部門小早川氏)。

操作性にも優れ、多様な測定項目を直感的に評価できる。接触式プローブ付属機もラインアップしており、カメラで測定できないキー溝や穴などの寸法測定にも対応する。

オープンハウスでは、三次元座標測定機や表面粗さ・輪郭形状測定機などの製品も展示された。特に微小な内部欠陥を可視化できるX線CT装置や、昨年発売の新型表面粗さ・輪郭形状測定機などが来場者の注目を集めた。

日本産機新聞 2022年7月20日

[ 日本産機新聞 ][ 測定工具 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

ナガセインテグレックス 新世代門型平面研削盤を発表

高精度・高剛性・高能率 ナガセインテグレックスは、JIMTOF2022出展機の第1弾として、新世代高精度門型平面研削盤「SGX‐126」を開発、7月1日から発売した。中型金型プレートや精密部品の加工に最適。価格は5200 […]

トピックス

関連サイト