2022年8月16日(火)

三叉路…

○…電気自動車やAI、ロボットなど次々と新たな製品が世に出る。ただそれらの開発のカギの一つが微細精密な加工技術。微細な工具で金属や樹脂をミクロンやナノの精度で加工する。電子部品や光学機器、モータなどを軽量、小型、高機能化し次代の製品開発を支えている。

○…ある金型メーカーはこのほど直径0.1㎜のガラスレンズの金型を開発した。これまでの最小径は0.5㎜で、0.1㎜は世界最小クラス。ガラスはプラスチックに比べて透過性に優れ、強度も高い。医療や光学機器の小型化や高機能化に期待できるという。

○…その超硬製の金型開発で重要だったのが切削工具。砥石だと摩耗し直径0.1㎜の曲面を加工できない。そこでナノ多結晶ダイヤモンドをレーザーでカットして刃付けするなど切削工具を自社開発。大学が考案した加工技術を応用し金型加工を実現した。

○…自動車や電子、光学、医療、通信。日本が得意で成長分野と期待される。その技術革新を支えているのが例えば微細加工であり、切削工具。そう考えると生産財を創り出し、世に広める企業の役割はさらに重要度を増すように感じる。

日本産機新聞 2022年6月20日

[ 未分類 ] カテゴリの関連記事

特集  微細精密切削加工PART2:現場を訪ねて  ー愛工舎  (名古屋市)

特集 微細精密切削加工PART2:現場を訪ねて ー愛工舎 (名古屋市)

肉眼では見えない加工 φ0.03㎜の微細切削 刃物を自作する職人技 微細精密切削加工を手掛ける愛工舎(名古屋市昭和区)は集積回路を作る工程内で電気を流し、通電検査するために必要なコンタクトプローブに用いる微細な金属ピンを […]

ブラザー工業 大阪でテクノロジーフェア開催

省エネや高生産性を訴求 ブラザー工業は3月22・23日の2日間、ブラザーテクノロジーセンター大阪(大阪府東大阪市)で、「2022ブラザーテクノロジーフェア」を開き、新制御装置「CNC‐D00」を搭載したワイドストロークの […]

ロブテックス 国内工場で修理サービス

状態に合わせて2種類用意 ロブテックスは昨年、生産拠点である鳥取ロブスターツールにメンテナンスセンターを移転し、修理&メンテナンスサービスの充実を図っている。サービスは工具の状態に合わせて2種類のサービスを用意し […]

トピックス

関連サイト