2024年7月14日(日)

三叉路…

○…電気自動車やAI、ロボットなど次々と新たな製品が世に出る。ただそれらの開発のカギの一つが微細精密な加工技術。微細な工具で金属や樹脂をミクロンやナノの精度で加工する。電子部品や光学機器、モータなどを軽量、小型、高機能化し次代の製品開発を支えている。

○…ある金型メーカーはこのほど直径0.1㎜のガラスレンズの金型を開発した。これまでの最小径は0.5㎜で、0.1㎜は世界最小クラス。ガラスはプラスチックに比べて透過性に優れ、強度も高い。医療や光学機器の小型化や高機能化に期待できるという。

○…その超硬製の金型開発で重要だったのが切削工具。砥石だと摩耗し直径0.1㎜の曲面を加工できない。そこでナノ多結晶ダイヤモンドをレーザーでカットして刃付けするなど切削工具を自社開発。大学が考案した加工技術を応用し金型加工を実現した。

○…自動車や電子、光学、医療、通信。日本が得意で成長分野と期待される。その技術革新を支えているのが例えば微細加工であり、切削工具。そう考えると生産財を創り出し、世に広める企業の役割はさらに重要度を増すように感じる。

日本産機新聞 2022年6月20日

[ 未分類 ] カテゴリの関連記事

リンレイテープ 粘着テープで環境対応

バイオクロステープ 粘着テープメーカーのリンレイテープ(東京都中央区、03-3663-0071)は今年、CO2削減につながる「バイオクロステープ」をリニューアルした。バイオマスマーク10を取得し、粘着力などを強化。主に物 […]

オークマ 加工セルコントローラを開発

加工セルの操作性を革新 オークマは、工作機械にロボットと周辺機器を加え、ワーク着脱、ワーク計測などの作業の自動化を図る加工セルをスマート化するセルコントローラ「smarTwinCELL(スマートツインセル」を開発した。 […]

【特集:進化する商社】PART2/  商社 進化した4つの力

【特集:進化する商社】PART2/ 商社 進化した4つの力

リーマン・ショック、ネット販売の拡大、新型コロナ禍—。商社はこの20年、幾多の困難や逆境も乗り越え成長し続けてきた。そのエンジンとなったのがエンジニアリングや受発注業務効率化、物流、海外展開。この4つの力を進化させてきた […]

トピックス

関連サイト