2022年5月19日(木)

三叉路…

○…新型コロナが与えた影響の一つにデジタルシフトがある。対面での接触が制限され、顧客との新しい接点が求められるようになったことが要因だ。ウェブで来店予約が必要な店舗の増加やウェブで注文を行うデリバリーシステムの台頭などはその典型だろう。

○…機械工具業界でもウェブを活用して商談や展示会などを行う企業が増加した。目下注力する取り組みとしてデジタル化の推進を掲げるメーカーも少なくない。あるメーカーでは専門部隊を立ち上げ、デジタルマーケティングに力を入れていくという。

○…デジタル活用は、単に非対面で顧客と接点が持てるようになるという利点の他に、より効果的なマーケティング活動も可能にする。業種や分野、行動履歴など顧客のあらゆるデータを活用することで、これまで以上に確度の高い施策が打ち出せるようになる。

○…こうした動きは機械工具商社にとっても利点は大きい。どの商品をどこに売り込みに行けば良いかが分かり、より効率的な営業活動ができるようになるからだ。先のメーカーは「機械工具商社との連携を強化し、新しいスタイルの営業活動を展開していきたい」。

日本産機新聞 2021年8月20日

[ コラム ][ 三叉路 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト