2022年1月24日(月)

キトー ECサイトを立ち上げ

認定販売代理店向け

見積もり作業を効率化

キトー(山梨県昭和町、055-275-7521)はこのほど、認定販売代理店向けにECサイト「OWL(アウル)」を立ち上げた。ホイストやクレーンなど標準品の標準小売価格、納期、在庫情報を即座に確認できる他、見積書の自動作成も実現し、見積もり作業を効率化することができる。来春には補給部品の見積機能も追加する予定だ。

「OWL」にはチェーンブロックや、クレーン、ホイスト周辺機器など同社のほぼ全ての標準品(一部製品を除く)が掲載されている。希望する機種や台数を指定し、画面の指示に従って仕様を選択するだけで選定することができる。価格や納期の他、在庫情報が「○△×」で表示される。

これまで認定販売代理店が同社製品の見積もりを作成するには、都度問い合わせるか、価格表をもとに自分たちで算出する必要があった。回答までに2~3日ほどかかっていたり、高い製品知識が求められたりすることなどが課題となっていた。

「OWL」を利用することで価格、納期、在庫情報が即座に入手可能なため、見積もり業務の手間を軽減することが可能。また、製品知識の習得度によらず見積もり業務を行うことができる。

認定販売代理店には、IDとパスワードが発行され、入力することでサイトを利用することができる。現在、122社が認定販売代理店とされている。

2022年4月頃には製品見積もりだけでなく、補給部品(約6000点)の見積もりも可能にする予定。送り状もダウンロードできるようにする。デジタルマーケティンググループの森山隆太氏は、「『OWL』を利用することで業務効率を格段に向上させることができる。販売代理店と当社の両者にとってメリットが大きい」としている。

日本産機新聞 2021年7月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト