2022年8月11日(木)

ジェイテクト EV向け軸受を開発

高速回転化に対応

ジェイテクトは電気自動車(以下EV車)の駆動ユニットのモータ用として使用されるグリース潤滑玉軸受で世界トップクラスのdmn185万以上の高速回転を実現。これにより、モータの小型化・高出力化による高速回転化に対応し、電費の向上と航続距離の延長に貢献する。

昨今、急速に普及しているEV車は燃費規制をクリアするため、自動車の燃費・電費の向上に直結するモータの小型化・高出力化が進んでおり、軸受に高速回転性能のニーズが高まり、高速回転下でも破損や焼付けが発生しない軸受の開発が課題となっていた。同社は高速回転時の保持器に作用する遠心力による応力緩和や各部寸法設計の適正化を図り、dmn185万以上を実現。今後も市場ニーズを見据え、高温環境下での高速回転性能など、さらに開発を進めていく。

日本産機新聞 2021年7月20日

[ 伝導装置用品 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト