2021年9月27日(月)

【Innovation】狭所作業工具

狭所でも快適な操作感

奥まった場所や入り組んだ配管の現場、壁際の作業など、従来の狭所での作業に加え、作業スペースの狭小化や部品の小型化・軽量化といった作業環境の変化によって、狭い場所でも快適に扱える作業工具のニーズが高まっている。そこで今回は、狭所向け作業工具を紹介する。スパナの長さを短くしたり、全体のサイズをコンパクトにしたりと工具そのものを小型化したものから、差替ヘッドを用途に合わせて使い分けるものまで、多様な製品を集めた。

目次
PART1:旭金属工業「多様な使い方が可能」
PART2:エイト「奥まった作業に最適」
PART3:MCCコーポレーション「狭所で簡単にパイプ切断」
PART4:京都機械工具「優れた作業性を実現」
PART5:トップ工業「手のひらサイズのモンキレンチ」
PART6:TONE「用途に合わせてヘッド交換」
PART7:ロブテックス「曲げ方向を横に変更」
PART8:ワイズ「小さい振り幅でボルト締め」

PART1

旭金属工業「多様な使い方が可能」

クローフートレンチ

狭い場所や入り組んだ場所でも使える他、ユーザーの工夫次第で様々な使い方ができる工具を目指した。エクステンションバーで延長したり、スピンナーハンドルと組み合わせて角度を変えたり、トルクレンチと組み合わせて使うこともできる。

本体サイズも豊富に揃え、差込部は6.3mm、9.5mm、12.7mmの3種類をラインアップ。工具メーカーでトップクラスの品揃えを実現した。

奥まったオフセット箇所の作業に有効で、入り組んだ場所にあるナットでも作業可能。また、スパナ・めがねレンチが使えない狭い場所でも作業できる。

配管継ぎ手部分での作業、エアコンや油圧機器といった各種配管や自動車のセンサー類の締付け・緩め作業、機械内部の油圧配管のメンテナンスなどに適している。

スペック

  • 全 長:22 ~ 103.5㎜ 
  • 重 量:10 ~ 320g 
PART2

エイト「奥まった作業に最適」

特短テーパーヘッド六角棒スパナ「TTR-S9」

奥まった場所でも簡単に作業したいというユーザーニーズに応え、狭い箇所でも簡単にねじ締結ができる製品を開発し、六角棒スパナの短い方の長さを従来規格の1/2以下に設定し、狭い所の作業に効果を発揮する。

さらに、使用時に指先が底面に触れないように曲げ角度を90度から95度に広げ、持ち手のクリアランス(作業しやすい空間)を確保することで使いやすさを高めた。

また、先端形状をボールポイントの仮締めのイメージを覆し、本締め~増締めまで可能な独自の形状「テーパーヘッド」を採用。垂直・斜め、どちらの使用でもボルト穴壁と接する面積が大きく密着するため、スリップせず、摩耗が少ないのが大きな特長だ。

スペック

  • 全 長:230㎜ 
  • 重 量:308.5g
PART3

MCCコーポレーション「狭所で簡単にパイプ切断」

4枚刃パイプカッタ

壁際や入り組んだ配管の現場では、パイプの切断に苦慮することが少なくない。パイプカッタ本体が干渉したり、手が届かず一回転させることができなかったりするためだ。

4枚刃パイプカッタ「PCFB-25・PCFB-50」はこうした狭所作業でのパイプを簡単に切断できる。「PCFB-25」では、壁からパイプまで25㎜の隙間があれば切断できるように設計しているという。

最小限度の設計による高い作業性と、高耐久性、長寿命を実現。作業性に優れたワンタッチ式フックの採用や、高級ベアリングの採用で、切断荷重を大幅に削減した。セットしやすいサイズ表示にしたほか、振り幅130度で切断ができる。

標準仕様の刃で、鋼管、ステンレス、一層被膜管に対応する。

スペック

  • 全 長:275㎜(PCFB-25)、350㎜(PCFB-50) 
  • 重 量:1.27㎏(PCFB-25)、2.3㎏(PCFB-50) 
PART4

京都機械工具「優れた作業性を実現」

ネプロス6.3sq.ラチェットハンドル No.NBR290

近年、作業スペースの狭小化や部品の小型化・軽量化といった作業環境の変化に伴い、コンパクトな差込角6.3sq.のソケットレンチのニーズが高まっており、サイズの利点を最大限に活かしたコンパクト設計に加え、優れた作業性や信頼性を実現するために開発。

主な特長は6.3sq.規格のコンパクトなボディに、小判形ヘッドとしては世界最高クラスの90枚ギアを搭載し、緻密な作業に対応している。

また、送り角はわずか4度で、妥協のないメカニズムにより、安全で確実、高い作業性を実現。

さらに、群を抜く極小サイズを活かし、不可能だった障害物の奥も容易にアプローチ。奥へ届くだけでなく、確実な作業を実行することができる。

スペック

  • 全 長:125㎜ 
  • 重 量:110g
PART5

トップ工業「手のひらサイズのモンキレンチ」

ショートワークワイド「HM-32MSNB」

「水廻りの作業や屋外作業にも安心して使える” ガタ無し”モンキレンチが欲しい」という声に応え、開発に至った。

独自の2分割された特殊なウォーム「ガタ無しウォーム」を搭載したモンキレンチ。アゴのガタつき(バックラッシュ)をカットするため、ボルト・ナットをしっかりと挟み込み、傷つけにくい。また、ワイドな口開きで、ワンランク上のサイズまで開くことができる。

水廻りの作業や屋外作業、建築金具の締め付け作業などに適している。また、手のひらサイズ、指かけフック付きのため、込み入った配管周りや設備の組立作業も容易に行うことができる。

ショートタイプの他にもスタンダード、グリップ付の計3種類28アイテムをラインナップしている。

スペック

  • 全 長:141㎜ 
  • 重 量:200g 
PART6

TONE「用途に合わせてヘッド交換」

差替式トルクレンチ

差替ヘッドを用途に合わせて取り換えることができ、目的・作業環境に合わせて使用可能。アクセスできない狭い箇所にはヘッドが薄いラチェットめがね形状のヘッド、真っすぐアクセスできない箇所には首振ラチェットヘッドを取り付けるなど、臨機応変に対応できる。高さが確保できない箇所や、一本のトルクレンチを多様な箇所で使用したい場合に活躍する。

先端取り外しはプランジャーピン方式で、ヘッド部の落下を防止できる。

作業前にトルク値をあらかじめ設定しておくプレセット形で、トルク精度は、±3%(差替式トルクレンチ用クイックスパナヘッド使用の際は、±4%)。

デジタル表示なのでトルク値を一目で確認できる。締付け時には設定トルクに達すると「カチ」という音と手に軽いショックによって知らせる。

締付け能力は、1~ 300N・m。

スペック

  • 全 長:204~684㎜ 
  • 重 量:0.23~1.7㎏ 
PART7

ロブテックス「曲げ方向を横に変更」

先端曲がりラジオペンチ グリップアダプター付「J150RBG」

開発コンセプトは、先端部を左右に開くことができない狭い場所での作業効率を上げるために、先端形状などを見直したことで、左右の幅が狭い作業箇所でも安定した作業を実現した。

狭い作業箇所に便利な先曲がりラジオペンチの曲げ方向を横に変えたことで、先端部を左右に開くことができなかった狭い場所でもロプロスの曲げ方向と角度(30度)なら楽に掴むことができるほか、刃部の切断能力も抜群な点が特長だ。

さらに、油など滑りやすい作業現場で、工具を保持できるグリップアダプターを装着すると指が掛けられるため、狭い場所でも安定した作業が可能だ。長時間の連続作業も楽々できる簡易式のバネとしても有効。

  • 全 長:158㎜ 
  • 重 量:125g

PART8

ワイズ「小さい振り幅でボルト締め」

スティックボールレンチ

機械の内部や奥まった所にある治具や六角穴付きボルト。メンテナンスや治具交換などで、工具がその隙間に入らなかったり、狭すぎて操作できなかったり。そんな時に役立つのがスティックボールレンチだ。

先端が12角で、最小回転角30度でボルトを回せる。6 角で回せない、ふり幅の小さい狭い場所でもボルトの締め付けができる。その首下も短くし狭い隙間に差し込めることができるようにした。

首下を短くしたためボールポイントが回しにくいことも。そんな時は補助ハンドルを取り付ければ作業しやすくなる。

高品質の特殊合金クロームバナジウム鋼を使用。均質で高精度の調質硬度を確保するため密閉炉による完全無酸化・脱炭補正焼入方式を採用した。セット内容は1.5、2、2.5、3、4、5、6、8、10㎜。

スペック

  • 全 長:235㎜ 
  • 重 量:377g

日本産機新聞 2021年7月5日

[ 作業工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【インタビュー】サイバーダイン 新規事業開発部 中澤 泰士部長

作業負荷低減する装着型サイボーグ 重量物の持ち上げ・下げ時に腰や体にかかる負荷を低減する装着型サイボーグが作業者の安全を守る製品として様々な現場で注目を集めている。装着型サイボーグ「HAL」を手掛けるサイバーダイン(茨城 […]

カネテック マグネットLED電気スタンドの新型

小型・軽量化、作業性向上 カネテック(長野県上田市、0268-24-1111)はこのほど、マグネットLED電気スタンドをモデルチェンジし、発売した(写真)。小型・軽量化、高照度化を図った他、光の拡散を抑える仕様に改良した […]

トラスコ中山 24年に大阪本社を移転

トラスコ中山 24年に大阪本社を移転

トラスコ中山は2024年、大阪本社を大阪市西区新町から同市中央区本町に移転する予定。大阪のオフィスの中心街に移すことで、通勤の利便性向上や、企業の周知度向上、大阪本社の業容拡大につなげる。 移転先は「本町セントラルビル」 […]

トピックス

関連サイト