2023年1月30日(月)

ロボショールームが稼働 −山善−

新人女性、簡単さアピール

 山善の協働ロボット専用ショールームが本格的に稼働を始めた。山善本社本館の玄関右側(面積130㎡)に1月25日にオープンしたばかり。FAE支社が主管し、同社が代理店を務める台湾の協働ロボットメーカー「TECHMAN」やファナックのCR‐X、ABBの双腕型YuMiなどの協働ロボット5台をはじめ、ハンドなど周辺機器を展示している。

 ショールームでは、TECHMANのロボットがネジ締めを行ったり、来客に好みの飲み物を指定してもらって冷蔵庫から取り出し給仕するデモも行う。ユーザーやSIerとの打ち合わせ・商談の場として活用する。

 TECHMANの女性専任営業チーム「テックウーマン」も活躍する。女性社員が、自らティーチングを行い、誰でも手軽に扱えることをアピール。記者に丁寧に説明してくれたのは、なんと今年度入社し、配属9ケ月の文系女子・今西玲さん(写真)。「デモンストレーションを行いながら、具体的な活用方法を現場に合わせてご提案します。YouTubeで、自分たちが体感したTECHMANの取り扱い易さを紹介する動画も配信しています。ロボットメーカーさんやハンドなどの周辺機器メーカーさんと組んでウェビナーも開催しています。引き合いが増えていて、今もデモの準備中です」と熱く語る今西さん。「先端のハンドは、用途に合わせて最適なものに取り換えれば、幅広い用途にロボットを使用して頂けます」とも。

 FAE支社約30人の中に、テックウーマンは、現在6人(東京・名古屋駐在を含む)。その内3人は文系の新入社員。

 2021年3月期は、50台のTECHMANの販売を見込み、来年度は70台の販売を目指す。

日本産機新聞 2021年3月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト