2021年3月2日(火)

来場者事前登録のWEB受付開始 −2021東京国際包装展–

万全!コロナ対策

 2021東京国際包装展(主催:日本包装技術協会、矢嶋進会長、03‐3543‐1189)は、2月24日㈬~26日㈮の3日間、東京ビッグサイト西館1~4、南1~2ホールで、315社・1525小間(11月2日現在)の出展規模で、東京ビッグサイトの指導の下に新型コロナウイルス感染拡大防止対策を万全体制で開催する。「安心してご来場いただけるアジア会場づくりに取り組んでいる」と、事務局は来場者事前登録のWEB受付を開始した。

2月24日〜26日、東京ビッグサイト

 東京国際包装展は、1966年に開催。2年に1回新技術を披露する場として開催し、今回28回目を迎える。今回は、新型コロナの影響を受け、東京オリンピックの延期に伴い東館が使用できなく約4ヶ月延期しての開催となる。

 「未来(あす)を拓く包みのテクノロジー」が今回展のメインテーマ。包装資材・容器・包装機械を中心に調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るあらゆる分野を網羅し、特に今回は新型コロナ対策用包装製品や環境対応製品などが注目される。

 展示製品は、「包装資材・容器」「包装機械」「印刷・包材加工機械」「食品・医薬品・クリーン関連機材」「検査・計測・環境関連機材」「包装関連機材」「包装デザイン&サービス」「次世代テクノロジー、包装・物流ソリューション」と幅広い。併せて特別展示企画や併催行事と会期中の3日間毎日各セミナーを開催する。

 「開催期間中、搬入・搬出期間中のコロナ対策は、主催者側で“新型コロナウイルス感染拡大防止チェックリスト”を作成し、出展社と共有して対策を講じている。東京ビッグサイトのガイドラインに則り、ホール別に設定された最大収容人員を超過しないよう入退管理を実施し、安心して展示会場にお越しいただけるよう運営に当たる。コロナに負けない展示会を開催する」(事務局)。入場料金は1000円(税込み)、WEBによる事前登録者は無料。

 セミナー等の詳細は、日本包装技術協会事務局。次回は、2022年秋に東京ビッグサイトの東館での開催を予定している。

日本産機新聞 2021年1月5日

[ ニュース ][ 展示会 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

時価総額で見る業界の力

 売上高、粗利益、営業利益—。経営指標は多々あるが、上場企業にとって時価総額も重要な一つ。市場からの期待値を示す指標だからだ。機械工具上場商社8社合計の時価総額の推移をみると、過去7年で倍増し、市場からの期待を高めてきた […]

本社を新社屋に移転 −キクスズ−

本社を新社屋に移転 −キクスズ−

 キクスズ(大阪市西区、06-6531-3988)はこのほど、新社屋に本社を移転し、2月15日から業務を開始する。またそれに伴い、大阪営業所と東大阪営業所はそれぞれ、大阪第1営業所、大阪第2営業所として、新社屋に移転する […]

大阪・中之島に 本社を移転 −イーグル・クランプ−

大阪・中之島に 本社を移転 −イーグル・クランプ−

 イーグル・クランプ(大阪市中央区、06-6947-0423)は、本社のある大手前センタービルが大阪市の都市再生特区に指定されたことに伴い、本社を同市北区中之島に移転する。新本社では2月15日から業務を始める。  新本社 […]

トピックス

関連サイト