2022年8月11日(木)

基本性能・自動化対応を強化 –ヤマザキマザック–

横形マシニング センタ「HCN‐6800NEO」

 ヤマザキマザックは、横形マシニングセンタ“HCNシリーズ”に「HCN‐6800NEO」(写真)を追加。11月16日から開催された「JIMTOF2020Online」に出展、販売を開始した。

 HCN‐6800NEOは、主軸能力やテーブル仕様など基本性能を強化するとともに、ニーズの高まる自動化への対応力も高めた。最大加工寸法は、φ1050㎜×1300㎜。

 新開発の主軸は、出力を従来機比23%向上した10000回転主軸(標準)と、出力を50%、トルクを25%向上した高トルク8000回転主軸(オプション)を用意。ドラム式マガジンによりことで、次工具待ち時間の短縮だけでなく、搭載できる最大工具長を690㎜まで延長した。

 オプションでクラス最速の位置決めが可能なDDM(ダイレクト・ドライブ・モータ)テーブルをラインアップし、高速・高精度の位置決めによる高効率加工を実現する。また、熱変位制御機能「Ai サーマルシールド」を新たに搭載。AⅠが計測結果を学習し、加工ごとに補正量を最適化することで、高い水準で精度を安定させることができる。

 さらに自動化システムとの接続性も高め、導入後の自動化システムの追加や既存の自動化システムへの接続を容易にし、変種変量生産に対応する。その他、加工物の素材ごとに最適化したクーラントシステムを用意し、油圧治具対応の強化など長時間連続運転に適した仕様とした。

 コンパクトなフロアスペースと、メンテナンス機器の集中配置により保守性も高めている。価格は5250万円(税別)から。年間200台の販売を見込む。

日本産機新聞 2020年12月5日

[ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト