2022年6月26日(日)

三叉路…

 ○…三密を避けざるを得ないコロナ禍の中でウェブによる展示会やセミナーが相次いで開かれている。時間の制約を受けず、交通費がかからず、動画やチャットで機械や工具の機能や使い方を知れる。ただ、果たしてユーザーの生産財への知的欲求を満たしているのだろうか。

 ○…ある自動車部品メーカーの専務は、概念としての機能は理解できても本質の理解には至らないという。加工中の音や振動、動き、操作性、そうした複合的な情報から本質を判断する。それは視覚や聴覚、触覚を活かせるリアルでしか体感できない。

 ○…機械や工具メーカーでもリアルを渇望する。課題解決への熱量と機械や工具への期待感と実感。その本質に迫るにはリアルでないと難しい。そしてそれは次の商品開発や販促戦略にもつながっていく。

 ○…展示会や営業、販促などあらゆることでウェブの活用は日常の風景になりつつある。コロナ後はウェブ推進の動きはさらに進むだろう。その線引きはどこまでなのか今は定かではない。しかしリアルでしかできない領域はこれからも続く。ウェブの時代を迎えてもリアルの力は鍛え続けないといけない。

日本産機新聞 2020年10月20日

[ コラム ][ 三叉路 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト