2024年6月17日(月)

充電式磁気ボーラー販売好調 –育良精機–

小型で軽量、高い安全性「コードレスライトボーラー」

 育良精機(茨城県つくば市、029-869-1212)が今夏発売した充電式磁気ボーラー「コードレスライトボーラー」の販売が好調だ。すでに9月分の受注枠は埋まっており、10月以降の引き合いも多い。軽量・コンパクトな設計や、安全性の高い機能などが建設やプラント関連の現場で評価されている。

 「コードレスライトボーラー」は、バッテリーにリチウムイオン電池(DC36V2.5Ah)を採用。板厚最大t25㎜の穴あけができ、穴径は11.5㎜から30㎜まで可能。満充電時には穴径18㎜、板厚t16㎜で25穴まで加工できる。

 軽量、コンパクトな本体が特長。本体重量はバッテリーパックを含んでも8.8kgと通常のAC100Vタイプよりも軽量化を実現した。また、本体高さは173㎜で、100㎜H鋼のウエブ面や200㎜H鋼のフランジ面での加工が可能なほか、超小型ギアヘッドによって壁際23㎜からでも穴あけ加工ができる。

 安全性も向上させた。永久磁石を採用し、バッテリーの電力を使用しなくても吸着させることができ、作業中にバッテリーが切れても位置がずれたり、落下したりすることがなく、安全に作業できる。また、始動スイッチはマグネットをONにしないと押せない構造になっており、誤作動を防止する。

 近年、コードレス工具の需要が高まっている。電源が不要で取り回しが良く、作業性が向上するため、建設やプラント関連など様々な現場で活用が進んでいる。「今後、ニーズに応じて、パンチャーやカッターなどでもコードレス製品のラインアップを拡充していく」(三枝大介常務)。

日本産機新聞 2020年9月20日

[ 作業工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト