2022年10月7日(金)

パイプの外径をリアルタイムで –JFEアドバンテック–

インプロセス測定に最適

KPR‐600シリーズ

 JFEアドバンテックの非接触測定器「KPR‐600シリーズ」は外径と肉厚を瞬時にリアルタイムで測ることができるのが最大の特長だ。

 これまでパイプの肉厚を測る場合、ノギスなどを使って抜き取りで測定するのが通常だった。作業手間はもとより、品質に不安を残していた。同製品は、外側から超音波を当て、ワークの厚さや外径を測定。リアルタイムで厚さや寸法の演算ができるので、生産ラインでのインプロセス測定に最適な仕組みとなっている。

 ワークは、鋼や銅などの金属に加え、チューブや石英ガラスなど多様な素材の測定もできる。

 超音波探触子部から水を噴射させ、水中で超音波を伝搬させることにより非接触で測定できるので、ワークに傷がつきにくいことも特長だ。

 さらに、測定器はPLCなどにアナログ出力ができ、データの管理や活用も簡単に行える。

日本産機新聞 2020年9月20日

[ 日本産機新聞 ][ 測定工具 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト