2020年10月29日(木)

4-6月の受注額9.9%減 –日本ロボット工業会–

新型コロナで減速

 日本ロボット工業会(小笠原浩会長・安川電機社長)はこのほど、2020年4‐6月期の受注額が前年同期比9.9%減の1599億800万円で2四半期ぶりの減少になったと発表した。昨年から続く景気停滞感に加え、 新型コロナウイルスの感染拡大が影響した。

 総出荷額は、同0.4%増の1587億1400万円と2四半期連続で増加した。全体的に低い水準ではあるが、5G関連で中国や台湾向け
が増加するなど輸出が堅調を維持した。輸出額は同9.2%増の1241億3000万円となった。

 一方、国内は主要業種を中心に減少。国内出荷額は、同22%減の345億8400万円にとどまった。電気機械製造業向けは同26.5%減の88億4000万円で、自動車製造業向けは同34.4%減の110億5300万円だった。

日本産機新聞 2020年8月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

マイクロエアグラインダ 購入で工具プレゼント −ムラキ–

キャンペーン実施  ムラキ(東京都中央区、03-3273-7511)はマイクロエアグラインダを購入すると砥石や超硬バーをプレゼントする「マイクログラインダ5+2キャンペーン」を実施している(写真)。期間は11月30日まで […]

「現場の相棒」を寄贈 −ノダキ –

ボランティアスタッフの熱中症対策  機械工具商社のノダキ(名古屋市西区、052-561-4371)は今年7月の豪雨で被災した地域のボランティアに従事する約2000人のボランティアスタッフに、「現場の相棒 塩ビタミンゼリー […]

IoT機器発売 −ユーエイ–

キャスターやセンサ 誰でも簡単にシステム構築 組み合わせ自由 ものづくりの様々な現場に  ユーエイ(大阪府東大阪市、06-6747-5607)は、センサやゲートウェイなどのシステム構築が簡単にできるIoT機器を発売した。 […]

トピックス

関連サイト