2022年12月5日(月)

永久磁石で安全面向上 –育良精機–

充電式磁気ボーラー 軽量、コンパクト

 育良精機(茨城県つくば市、029-869-1212)はこのほど、充電式磁気ボーラー「コードレスライトボーラー」(写真)を開発した。軽量、コンパクトな設計で取り回しが良く、幅広い現場で活用できる。今夏発売を予定している。

 磁気ボーラーの充電式を開発したのは同社では初めて。バッテリーには、リチウムイオン電池(DC36V2・5Ah)を採用した。板厚最大t25㎜の穴あけができ、穴径は11・5㎜から30㎜まで可能。満充電時には穴径18㎜、板厚t16㎜で25穴まで加工できる。

 軽量、コンパクトな本体が特長。本体重量はバッテリーパックを含んでも8・9kgと通常のAC100Vタイプと同じ重量を実現した。本体高さは175㎜で、100㎜H鋼のウエブ面や200㎜H鋼のフランジ面での加工も可能。また、超小型ギアヘッドによって、壁際23㎜からで
も穴あけ加工ができる。

 安全面も向上させた。永久磁石を採用し、バッテリーの電力を使用しなくても吸着させることができる。作業中にバッテリーが切れても位置がずれたり、落下したりしない。また、始動スイッチはマグネットをONにしないと押せない構造になっており、誤作動を防止できる。

 その他、超高輝度LED搭載や送りハンドル左右付け替え可能など使い勝手も良い。

 

日本産機新聞 2020年5月20日

[ 工作用機器 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト