2024年6月22日(土)

稼働監視や定期保全に –豊和工業–

「HOMS︲i」 独自のIoTシステム

 工作機械やチャックを手掛ける豊和工業は独自のIoTシステムである「HOMS-i」を販売した。これまで培ってきたトータルエンジニアリングメーカーとしての経験を活かし、機械の稼働状況や生産状況の見える化、複数設備のモニタリング、部品の故障などを防ぐ定期保全やNCデータのバックアップを行い、ユーザーの生産性向上や品質維持の向上、コスト低減につなげる。

 同システムの主な目的は「見える化」「発生防止」「早期復旧」「運用改善」の4つで、ラインごとにパソコンでデータ収集し分析や解析を行う。設備の稼働監視はもちろん、生産状況やサイクルタイム、工具交換履歴の推移も把握できるほか、消耗部品の点検日や点検項目などを事前に伝えることで計画的な保全作業や予防保全につなげ、ユーザーの最適な生産活動に貢献する。また、事務所に集中管理用パソコンを設置することで複数ラインをリアルタイムで監視すすることや分析も可能だ。IoTは個々のユーザーによって要望も違うため、営業グループの服部晃部長は「昨年夏の発売以来、様々な声を頂いており、1つ1つニーズを聞きながらシステム構築を進めている」と話す。

 さらに要素開発チームの米澤剛課長は「同システムは機能の拡充を行い発展・展開を続ける」と説明する。現バージョンのHOMS-iは予防保全機能を搭載しており、「次は予兆保全を実現する独自のセンシング技術の開発がテーマ」とし、営業だけでなく開発チームも連携しながら、センシングなど新たな技術開発を進める。

 

日本産機新聞 2020年5月20日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト