2022年5月27日(金)

アプリで遠隔管理日–立産機システム–

新型ベビコン

 日立産機システム(東京都千代田区、03-4345-6075)はこのほど、近距離無線通信「ブルートゥース」に対応した新型パッケージベビコン(小型空気圧縮機)(写真)の発売を開始した。電子端末にアプリをダウンロードすることで、誰でも簡単に保守管理ができる。

 ベビコンは、扱いやすさから、様々な製造現場で使われている。反面、使用場所や使用方法により、保守管理が行き届かないことが課題としてあった。

 同製品は、スマートフォンなどの電子端末に無料アプリをダウンロードすれば、逐一運転状況のモニタリングが可能。空気圧縮機から離れた場所でも、説明書が無くても誰でも簡単にガイダンスに沿って保守管理ができる。アプリでは、常時状態把握ができるほか、潤滑油やフィルタの交換時期を伝える機能も備わっている。適切なメンテナンスをサポートすることで、故障の未然防止、安全稼働に役立つ。

 オイルフリー式、除湿・乾燥用ドライヤー付き、省エネモデルなど、用途に応じて様々なタイプを用意している。ラインナップは1.55kWから15kWまで35種類をそろえた。

 

日本産機新聞 2020年5月20日

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト