2022年1月18日(火)

鍛圧機械 3月受注19%減19年度は3年ぶりに前年下回る

 日本鍛圧機械工業会(坂木雅治会長・アマダ相談役)が発表した3月の鍛圧機械受注総額は、前年同月比19・3%減の301億4400万円と13カ月連続で前年同月比減少となった。2019年度は、前年度比21・7%減の3053億9900万円で、3年ぶりに前年を下回った。

 3月受注は、機械プレスや油圧プレスなどのプレス系機械が前年同月比20・6%減の107億2900万円、パンチングプレスやレーザー・プラズマなどの板金系機械が同29・1%減の109億1700万円となった。先行きについて日本鍛圧機械工業会は、「新型コロナウイルスによって、経済活動制約および消費需要の低迷が長期化する恐れもある」とみている。

 19年度は、プレス系機械の落込みが大きく、前年度比31・8%減の1207億円となった。自動車向け設備投資が低調だった。一方、板金系機械は同19・9%減の1016億円。米中貿易摩擦に加え、新型コロナウイルスが影響し、年度後半から落ち込みが顕著になった。

 

日本産機新聞 2020年4月20日

[ 分析 ][ 業界分析 ] カテゴリの関連記事

半導体製造装置 販売21年度22.5%増

22年度には3兆円到達 日本半導体製造装置協会(略称SEAJ、牛田一雄会長・ニコン会議長)はこのほど、2021~23年度の需要予測を発表した。21年度の日本製半導体製造装置の販売は前年度比22.5%増の2兆9200億円と […]

時価総額で見る業界の力

 売上高、粗利益、営業利益—。経営指標は多々あるが、上場企業にとって時価総額も重要な一つ。市場からの期待値を示す指標だからだ。機械工具上場商社8社合計の時価総額の推移をみると、過去7年で倍増し、市場からの期待を高めてきた […]

特集 2021年をリードする最新技術

 少子高齢化による人手不足、「脱ガソリン車」による自動車産業の大変革など、日本の製造業を取り巻く環境は大きく変化し、新型コロナウイルスの感染拡大によって、そのスピードはさらに加速している。その一方で、日本のものづくりを支 […]

トピックス

関連サイト