2022年5月25日(水)

高精度門形MC 「MCR-S(Super)」
オークマ

三次元測定機能を搭載

 オークマは、機械精度の安定状態を自己診断する「精度安定診断機能」 と、誰でも簡単に空間精度を校正できる「3Dキャリブレーション」を搭載したプレス金型向け加工空間全域高精度門形マシニングセンタ「MCR‐S(Super)」を開発した。 プレス金型の荒加工から仕上げ加工、超大型高精度の三次元測定機能を機上で完結し大幅な高精度化、リードタイム短縮を実現する。高コストな恒温設備は不要。

 機械精度を短時間(最短50分)で校正(3Dキャリブレーション)し、常に高精度な空間精度を確保。三次元機上計測が可能で、そのまま修正加工でき、トータルリードタイムを削減する。

 

日本産機新聞 2020年2月5日

[ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト