2022年6月28日(火)

部品加工用CAM発売
C&Gシステムズ

 C&Gシステムズは、部品加工に特化したCAM「PartsCAM(パーツキャム)」の先行販売を開始する。2次元、3次元の両方使えるハイブリッドキャムで、部品加工分野でのCAM作成の作業の効率化を提案する。

 部品加工では、部品の寸法や公差など加工者に伝えるには2D図面が多く使われている。しかし、CAMは穴やポケット加工など簡単な作業は2Dで、複雑な3D形状は3Dを使うことが多く、2D、3Dが混在する。

 パーツキャムは、こうした作業の効率化を図る。2D図面の加工データに加え、3Dのモデルも認識することで、穴やポケットなどは2.5Dで自動抽出し、2Dだけでは難しかった曲面の荒取りパスなどの作成も素早くできる。

 同社はプラスチック金型などに適したCAM「キャムツール」や、プレス金型向けの「エクセスハイブリッド」などの高機能な金型向けのCAD/CAMが強み。同社では「金型で培ったノウハウを活かし、部品加工を始めとした量産分野にも広げていきたい」としている。

 

日本産機新聞 2019年12月5日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト