2022年5月25日(水)

潜在的問題を解決
大阪機械加工システム展

2月21・22日に開催

機械や工具160社が出展する(※写真は前回)

 機械加工にテーマを絞った大阪機械加工システム展が、2020年2月21日(金)・22日(土)の2日間、インテックス大阪5号館で開催される。主催は近畿地区を中心とした有力販売店で、事務局はジーネット大阪支社(田渕洋次取締役支社長)。ユーザー3000人の来場を見込んでいる。

 テーマは「潜在的問題解決のご提案」。工作機械、CAD/CAM、切削工具、工作機器、治具など過去最多の160社を超えるメーカーが最新技術・最新製品を出展し、ユーザーの加工における困りごと解決の提案をする。今、ユーザーの関心が高い“測定”“ロボット・搬送”“労働安全衛生”の企画展示も行う。ジーネットのPB商品コーナーも、高品質・低コストで付加価値の高い製品が集結し見逃せない。

 “働き方改革”や“工場設備の安全・環境対策”“切削工具の基礎”“正しい測定”“製造現場の情報管理”“中小企業の事業承継”をテーマにしたセミナーも開く。さらに、Web上であたかも展示会場に行ったかのような体験ができる「バーチャル展示会」が1月から4月まで開設され、ユーザーに事前に閲覧して「見たい」「試したい」「説明を聞きたい」などを感じてもらうことで来場を促すと共に、展示会後に出展製品を再確認できるようにする。

 ユーザーの問題解決は、そのまま競争力強化に繋がることから、潜在的な投資意欲は強く、解決のヒントを発見する絶好の機会となりそうだ。

 

日本産機新聞 2019年12月5日

[ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト