2020年1月19日(日)

大物加工の生産性向上
オークマ

高精度立形MC「MB–80V」

 オークマは大物部品加工に最適な高精度立形マシニングセンタ「MB‐80V」(写真)を開発した。シリコンウエハの主流が300㎜と大型化している半導体製造装置や、大型化している自動車金型などに対応するスマートマシンとして最高の品質と生産性を提供する。

 テーブルサイズは、1600㎜×800㎜。軸移動量は、1600㎜(X軸)×1050㎜(Y軸)×600㎜。クラス最大の加工エリアを最小のスペースで提供する。50番コロ軸受け採用と加工プログラムの乱れを自動補正するNC制御技術「Hyper—Surface」により、重切削の荒加工から高品位の仕上げ加工まで、オールラウンドに対応し、生産リードタイムを大幅に短縮する。

 AI主軸診断やAI送り軸診断などの予知保全技術により計画的なメンテナンスを行い、マシンダウンを未然に防止。5万台以上の搭載実績のサーモフレンドリーコンセプトの採用で、同サイズのマシニングセンタとして世界最高水準の寸法安定性(温度変化8℃における経時寸法変化8μm)を誇り、長時間無人運転でも安心。

 高い切粉処理能力で、機内の清掃作業を激減させ、多彩な自動クランプの実現などにより、フレキシブルに自動化に対応する。

 

日本産機新聞 2019年12月5日

[ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

高宮氏が西日本、 武井氏が東日本の責任者に<br>サンドビック

高宮氏が西日本、 武井氏が東日本の責任者に
サンドビック

セールス組織を強化  サンドビックは1月1日、髙宮真一氏がカンパニーバイスプレジデント兼西日本セールスクラスターマネージャーに、武井篤史氏が同じくカンパニーバイスプレジデント兼東日本セールスクラスターマネージャーに就任し […]

中国製品やロボ販売に力
京二

2020年9月期  京二(東京都千代田区、井口宗久社長、03-3264-5151)は2019年9月期の売上高が56億円と8・4%の増収となったと発表した。12月6日に都内で、取引先を招いた「京二会」で報告した。  売上が […]

MTA秋季総会
テヅカ

2019年4-9月期 機械落ち込み売上減に  テヅカ(東京都大田区、03-3766-6011)は11月29日、東京都目黒区の目黒雅叙園で、「MTA総会秋季総会」を開催した。仕入先メーカーら約110人が出席し、2019年4 […]

トピックス

関連サイト