2020年2月25日(火)

5軸加工工具を拡充
ダイジェット工業

工程を集約、複雑加工

 ダイジェット工業(大阪市平野区、06-6791-6781)はこのほど、5軸加工用工具「チューリップSヘッド」と「ミラーバレル」(写真)を発売した。

 チューリップSヘッドは外周テーマ部の大R切れ刃がR1500、フォーム精度が±0・01㎜以下の高精度テーパーバレル形状のソリッドモジュラーヘッド。超硬シャンクとの組み合わせで長い突き出しの加工でびびらず、高能率加工ができる。外周大Rにより傾斜面の加工でピッチを大きくでき、高精度な加工が可能。ミラーバレルは外周大R形状の高精度刃先交換式バレル工具。立壁や径斜面を高能率に仕上げ加工や、底面の超高精度仕上げ加工もできる。

 

日本産機新聞 2019年12月5日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

2000名にプレゼント!
インターモールド2020ポケットガイド

片手で持てるサイズに会場マップや出展情報  金型新聞社は、第31回金型加工技術展「インターモールド2020」(4月15~18日、インテックス大阪)のポケットガイドを開幕1週間前の4月7日に発刊します。  ポケットガイドは […]

総合的な切削技術を紹介
三菱マテリアル

12月15日  東日本テクニカルセンター  三菱マテリアルは2月15日、同社東日本テクニカルセンター(さいたま市大宮区)で「ダイヤエッジソリューションDAY」を開催する。シミュレーション技術を活用した同社製品の […]

高精度門形MC 「MCR-S(Super)」
オークマ

三次元測定機能を搭載  オークマは、機械精度の安定状態を自己診断する「精度安定診断機能」 と、誰でも簡単に空間精度を校正できる「3Dキャリブレーション」を搭載したプレス金型向け加工空間全域高精度門形マシニングセンタ「MC […]

トピックス

関連サイト