2019年12月9日(月)

この人に聞く
工機ホールディングス 吉田 智彦常務

 2017年に米投資会社のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)の傘下に入り、日立グループから離脱した電動工具メーカーの工機ホールディングス(東京都港区、03-5783-0601)。18年に「日立工機」から社名を変更し、電動工具のブランド名も「HiKOKI(ハイコーキ)」に一新した。「エンドユーザーとの接点をより密に持ち、スピーディな活動を展開する」と話す吉田智彦常務に、今後の方向性や具体的な取り組みなどを聞いた。

エンドユーザーと密に

1961年生まれ、神奈川県出身。明治大学法学部法律学科卒業後、ヤクルトに入社。日本国内における販社営業に携り、その後、日本ペプシコなどでチャネル営業やトレードマーケティングなどに携わる。2002年にシック・ジャパンに入社し、15年に同社代表取締役。19年に工機ホールディングスに入社、同年同社常務執行役員兼最高日本事業統括責任者。

日立グループから離脱し、変化したことは。

 今まで以上に新しいことを進めようとしている。特に注力しているのが、エンドユーザーとの接点をより密に持つことだ。現場の声を聞き、ニーズを深掘りし、スピーディな活動を展開しようとしている。

具体的にどんな活動に取り組んでいるか。

 今年4月から展開している「KINTAARO(キンタロー)キャンペーン」がその一つだ。この活動は、販売店での製品の展示内容や営業方法など金太郎飴のように全国どこでも同じスタイルで統一したメッセージを発信するというもの。今まで以上にセールスエンジニアの意思統一を図ることで、様々な活動の効果を最大化し、お客様のメリットにつなげていきたい。

スピーディな活動展開
ベネフィットを提供

どんな製品に注力するか。

 18Vと36Vが併用できる電動工具の「マルチボルト」シリーズに注力していく。この製品は従来の18Vとほぼ同等のコンパクトサイズでありながら、36Vにも対応し、AC工具(コード付き)に匹敵する性能を持つのが特長。他社には無い当社独自の製品で、電動工具市場を活性化できるものだと考えている。今まで以上にPRに力を入れ、「マルチボルト」の魅力を伝えていきたい。

国内の電動工具市場をどう捉えているか。

 この先3~5年は拡大するとみている。建築着工件数は減るかもしれないが、リフォームやリモデルの件数は増える可能性が高く、電動工具の需要も増加するだろう。当社としては現在、グローバルにおける日本の売上比率が2割強なので、もう少しこの比率を上げていきたいと考えている。そのためには、当社の製品がエンドユーザーの利便性向上につながることを上手く伝えていかなければならない。

商流の変化はあるか。

 エンドユーザーにベネフィットを提供するというのが目的。目的を達成するための最適な商流網を構築していきたいと考えている。特に現場との接点を多く持つ販売店と一緒に仕事をしていきたい。当社はエンドユーザーの満足度を向上させるためのアイデアを持っている。エンドユーザーを満足させ、流通の方々の利益につながるような展開を考えていきたい。

 

日本産機新聞 2019年10月17日

[ この人に聞く ][ インタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

潜在的問題を解決
大阪機械加工システム展

2月21・22日に開催  機械加工にテーマを絞った大阪機械加工システム展が、2020年2月21日(金)・22日(土)の2日間、インテックス大阪5号館で開催される。主催は近畿地区を中心とした有力販売店で、事務局はジーネット […]

砥石切断の技術相談
平和テクニカ

フェア開催  「ファインカットブランド」の高速切断機の平和テクニカ(神奈川県座間市、046-251-3755)は砥石切断に関する技術相談を積極的に開いている(写真)。11月6日から三日間、座間市のカッティングバンク(ショ […]

ネジはずしビット スリム
ベッセル

狭い場所でも 40HRCの硬いネジも  ベッセル(大阪市城東区、06-6976-7771)は、細くて奥まった場所にある頭部のつぶれたネジを外せる「ネジはずしビット スリム」を発売した。  ドリルビットが細くて長く、アコー […]

トピックス

関連サイト