2020年5月26日(火)

イオン生成の電気を発電
ベッセル

電気配線無く作業しやすく

                        静電気除去発電ガン「№G‐9」

 自動車や家具などを塗装する前の除電・除塵で、静電気除去ガンのハンドルから伸びる電気配線が足に絡まったり断線したりして作業を中断することは少なくない。ベッセルの静電気除去発電ガン「№G‐9」は、そうしたトラブルを解消するガンだ。

 トラブル解消のカギは動力源がエアだけということにある。コンプレッサから得たエアでタービンを回し、イオン生成のための電気を発電。生成したイオンもエアで噴射する。イオン生成のための電源が要らず、配線はエアだけだ。

 このため電気配線が断線したり補修したりすることが無く、広いスペースを歩き回る作業でも配線が作業者の足などに絡まることがない。エア供給源があれば電源の無い環境で使える。

 静電気除去ガンは様々にあるが、電気が不要なガンは珍しい。エア工具、除電機器、電動工具を手掛けるベッセルだから、それらの技術を融合させて実現した。

 塗装の前の除電・除塵に限らず、クリーンルームに持ち込む前の袋入成形品や、大型フィルムなど様々な除電除塵作業に使える。

 

日本産機新聞 2019年10月5日

[ 作業工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ][ 電動・空気工具 ] カテゴリの関連記事

新カタログ無料配布 –東日製作所 –

PDFや電子版も  東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、新製品や技術資料を掲載した最新カタログ「東日トルク機器総合製品案内2020・03」(写真)の無料配布とPDFダウンロード、電子カタログの […]

コンパクト、高出力 –不二空機–

アングルグラインダ「FA‐65シリーズ」  不二空機(大阪市東成区、06-6972-2331)はこのほど、コンパクトサイズながら高出力で、耐久性、操作性、精度に優れたアングルグラインダ「FA‐65シリーズ」(写真)を発売 […]

HACCP義務化来月から –食品工場対応迫られる –

 今年6月、食品衛生法の改正で全ての食品関連事業者に導入が求められる「HACCP(ハサップ)」。食品工場などの事業者は1年以内に「HACCPに沿った衛生管理」を取り入れなければならない。各社対応に迫られる中、「HACCP […]

トピックス

関連サイト