2020年10月29日(木)

ふぁいと !!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜
マザックニシカワ 係長代理 池上 悦代さん

大阪市出身。2005年大阪経済大学経営学部経営学科卒、西川産業に総合職で入社しマザックニシカワに出向、グループ初の女性の営業に。14年係長代理。最近のマイブームはスパイスカレー。入社14年目。

営業の面白さを女性にも

 ヤマザキマザック製品の専売会社、マザックニシカワで営業を担当する。これまでの努力が実り2018年度は親会社の西川産業を含めてグループ全体(67人)で通期4位、上半期ではトップだった。

 「お客様の課題を解決するために調べ、提案する。それが成果(受注)に結びつく。成果は努力を認めてくれた証。それが嬉しくて。昨年は新品11台を受注しました」。

 新人の頃は女性だからと門前払いされたり、チャックサイズの違う機械を納品して怒られたり、苦い経験も。けれど、そうした失敗もバネに変え、前向きに自由な発想で工夫した。

 例えば「あるお客様が『機械が欲しいけどスペースが無い』と悩んでいた。そこで工場と機械の模型を紙で作り一緒に考えたらとても喜んでくれた。想像を少し超える提案を心掛けています」。

 最近、営業の面白さの奥行きが広がっているという。「社内外に協力者ができ質が高くなっている気がします。営業って面白い。女性の営業が増えるように社内で発信していきたい」。

 

日本産機新聞 2019年10月5日

[ 【ウェブ限定】 ][ ふぁいと!! ][ インタビュー ] カテゴリの関連記事

この人に聞く –ノダキ 野田 典嗣社長–

 最近よく耳にするSDGsとは持続可能な(サスティナビリティ)開発目標として2015年に国連サミットで採択された国際目標。「貧困をなくそう」「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」「住み続けられるまちづ […]

測定の未来を提案 –ミツトヨ 沼田 恵明社長に聞く–

 測定機器メーカーのミツトヨ(川崎市高津区、044-813-8201)が100年企業に向けて動き出した。今年、創立100周年を見据えた経営計画「ミツトヨビジョン100」を策定。「精密測定で社会に貢献する」を経営理念に、「 […]

営業組織を刷新 –三井精機工業 産機営業部 佐賀良 宏治部長に聞く

 三井精機工業(埼玉県比企郡、049-297-5555)は今年5月、営業体制を刷新した。これまで一本化されていた工作機械とコンプレッサの営業部隊をそれぞれ別の組織に分けた。特にコンプレッサの「産機営業部」は、これまで別々 […]

トピックス

関連サイト