2019年7月21日(日)

売上高4%増109億円
テヅカ

19年3月期決算 機械、測定が好調

 テヅカ(東京都大田区、03・3766・6011)は、2019年3月期の売上高が前年同期比4%増の109億円だったと発表した。主力の切削工具は微増だったが、測定、工作機械、電動工具などが好調に推移した。20年3月期は前年同期比4・5%増の114億円を見込む。

 5月28日に長野県北佐久郡の軽井沢プリンスホテルウエストで開いた仕入先メーカーのMTA会で報告した。工作機械が19%増と大幅に伸び、ツーリングなどの補用品も12・2%増となった。測定機器も7・7%増えたが、主力の切削工具は年明け以降停滞し、2・4%の伸びにとどまった。

 20年度の方針について、三橋誠社長は活動テーマを、今年創業110年を迎えることから「次世代へ 繋げテヅカの伝統を110年」としたと発表した。続いて、剣持芳一常務取締役が営業方針を説明。主力の切削工具の売り上げ拡大に注力していくことや、機械商社への全社一丸となった営業活動、営業進捗や実績管理の強化、若手営業の育成などを報告した。こうした施策を通じて、20年3月期は売上高4・5%増の114億円を目指す。

日本産機新聞 2019年6月5日

[ ニュース ][ 商社 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

日本でどう伸ばす
イグス 北川 邦彦 社長に聞く

 日本に初めてイグスの製品が紹介されてから30年以上。これまでに、工作機械を中心に様々な産業分野で採用が進み、ケーブル保護管では国内トップシェアを誇るまでに成長してきた。一方で、「日本はまだまだ成長できる市場。5〜6年後 […]

スイス製のグラインダ
福島鑢商店

 福島鑢商店(東京都墨田区、03・3625・2940)は、スイス・バデコ社の電動グラインダの取り扱いを始めた。小さくて軽く、長時間の作業の負担を軽減できる。ジュエリーや時計をはじめ、金型など金属加工業向けにも売り込む。 […]

エース会を開催<br>山善

エース会を開催
山善

20年度売上高6100億円目指す  山善は5月30日、ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)で、大阪支社(佐々木公久上級執行役員大阪支社長)の主要得意先で構成する大阪山善エース会総会を開き、2019年3月期の決算と新年 […]

トピックス

関連サイト