2020年10月21日(水)

売上高4%増109億円
テヅカ

19年3月期決算 機械、測定が好調

 テヅカ(東京都大田区、03・3766・6011)は、2019年3月期の売上高が前年同期比4%増の109億円だったと発表した。主力の切削工具は微増だったが、測定、工作機械、電動工具などが好調に推移した。20年3月期は前年同期比4・5%増の114億円を見込む。

 5月28日に長野県北佐久郡の軽井沢プリンスホテルウエストで開いた仕入先メーカーのMTA会で報告した。工作機械が19%増と大幅に伸び、ツーリングなどの補用品も12・2%増となった。測定機器も7・7%増えたが、主力の切削工具は年明け以降停滞し、2・4%の伸びにとどまった。

 20年度の方針について、三橋誠社長は活動テーマを、今年創業110年を迎えることから「次世代へ 繋げテヅカの伝統を110年」としたと発表した。続いて、剣持芳一常務取締役が営業方針を説明。主力の切削工具の売り上げ拡大に注力していくことや、機械商社への全社一丸となった営業活動、営業進捗や実績管理の強化、若手営業の育成などを報告した。こうした施策を通じて、20年3月期は売上高4・5%増の114億円を目指す。

日本産機新聞 2019年6月5日

[ ニュース ][ 商社 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

御器谷氏が逝去 –日東工器創業者–

 御器谷俊雄氏(みきやとしお=日東工器会長、創業者)9月16日、急性骨髄性白血病のため死去、94歳。葬儀は近親者のみで執り行った。喪主は長女、高田揚子さん。お別れの会は後日行うが、日程などは未定。問い合わせは同社総務部0 […]

高速・高精度処理が可能 –日東精工 –

IoT対応のねじ締めユニット  日東精工(京都府綾部市、0773-42-3111)はこのほど、IoTなど産業ネットワークに対応した単軸ねじ締めユニットを発売した(写真)。高速・高精度処理が可能なPLCを搭載したコントロー […]

超硬や硬脆材向け –ユニオンツール –

ダイヤ被膜のボールエンドミル  ユニオンツールはこのほど、ダイヤモンドコーティングを採用した、2枚刃のハイスピードボールエンドミル「UDCBH」(写真)を発売した。金型などで増加している超硬合金の直彫切削で、高能率な加工 […]

トピックス

関連サイト