2019年11月12日(火)

展示会やシステム受注に力
日伝

19年度の事業計画 ウェブで技術情報発信

 日伝(大阪市中央区、06・7637・7000)は5月8日、帝国ホテル(大阪市北区)で第2次中期経営計画の2年目となる2019年度の事業方針を発表した。中計の3つの重点施策「事業領域の拡大」「生産性の向上」「管理体制の強化」を推し進め、さらなる事業成長を目指す。

2次中期経営計画

 

2018年度

19年度

20年度

売上高

124604

129000

140000

営業利益

6595

6600

7700

日伝は昨年、3カ年(18~20年)の第2次中期経営計画「NEXT FIELD 2020」をスタートした。3つの重点施策に取り組むことで、最終年度に連結売上高1400億円、営業利益77億円に拡大する計画。その1年目となる18年度は連結売上高1246億4百万円、営業利益65億9500万円と過去最高となった。2年目の19年度は連結売上高1290億円(18年度比3・5%増)、営業利益66億円(同0・1%増)を目指す。

 3つの重点施策のうち「事業領域の拡大」では、ロボットや食品、化粧品、要素部品などの展示会に積極的に出展するほか、自動化などのセミナーも開催する。また技術提案力を生かしシステムの受注を推進する。

 「生産性の向上」は、独自のプログラムによる研修や取引先とのEDI連携を進めるほか、西部物流センターを将来、大阪府門真市に新築移転することも発表した。

 また情報発信にも力を入れる。従来のモノ売りからコト売りを伝える仕掛けとしてMEKASYSサイトに技術提案の導入事例を公開するなどリニューアルする。

福家 利一社長
           福家 利一社長

 さらに日伝が主催するFA機器の展示会「MEKASYS展」も全国各地で開催するほか、IoTやロボットの導入事例やメリットをまとめた冊子、メールマガジンなどで技術情報を発信していく。機械や工具を取り巻く環境はこの半年、景気の潮目が変わりつつある。福家利一社長は19年度の目標に向けて「ロボットやIoTをはじめ自動化や省人化のニーズをいかに開拓していくかがカギになる」と語った。

日本産機新聞 2019年6月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

簡単に設備を見える化
イマオコーポレーション

ファクトリーステーション2  イマオコーポレーション(岐阜県関市、0575-28-4811)は、低コスト・短期間で生産現場の見える化ができる機械設備監視システム「ファクトリーステーション」をバージョンアップし、「ファクト […]

この人に聞く
工機ホールディングス 吉田 智彦常務

 2017年に米投資会社のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)の傘下に入り、日立グループから離脱した電動工具メーカーの工機ホールディングス(東京都港区、03-5783-0601)。18年に「日立工機」から社名を変更 […]

洗浄機定期点検キャンペーン 11月20日まで
ケルヒャージャパン

 ケルヒャージャパン(横浜市港北区、045-438-1400)は、業務用温水高圧洗浄機の購入者を対象とした「訪問定期点検プレゼントキャンペーン」を実施している。2年間のうち4回分の定期点検を無料で行う。期間は11月20日 […]

トピックス

関連サイト