2019年7月21日(日)

高送り加工用カッタ アーバタイプを拡充
三菱マテリアル

 三菱マテリアルはこのほど、高送り加工用両面インサート式ラジアスカッタ「WJXシリーズ」のアーバタイプを拡充した。

 最大切削径が直径50㎜、直径52㎜の5アイテムを追加し、小径化による主軸負荷の低減や、使用領域の拡大を図る。

 「WJXシリーズ」は、独自逃げ面形状の両面インサートを採用。ネガインサートの経済性と高強度に、ポジインサートの切れ味と多機能性を合わせた荒加工用カッタ。高切込み加工でも安定した高送り加工を実現する。

日本産機新聞 2019年6月5日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

日本でどう伸ばす
イグス 北川 邦彦 社長に聞く

 日本に初めてイグスの製品が紹介されてから30年以上。これまでに、工作機械を中心に様々な産業分野で採用が進み、ケーブル保護管では国内トップシェアを誇るまでに成長してきた。一方で、「日本はまだまだ成長できる市場。5〜6年後 […]

スイス製のグラインダ
福島鑢商店

 福島鑢商店(東京都墨田区、03・3625・2940)は、スイス・バデコ社の電動グラインダの取り扱いを始めた。小さくて軽く、長時間の作業の負担を軽減できる。ジュエリーや時計をはじめ、金型など金属加工業向けにも売り込む。 […]

エース会を開催<br>山善

エース会を開催
山善

20年度売上高6100億円目指す  山善は5月30日、ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)で、大阪支社(佐々木公久上級執行役員大阪支社長)の主要得意先で構成する大阪山善エース会総会を開き、2019年3月期の決算と新年 […]

トピックス

関連サイト