2022年6月28日(火)

情報プラス
タンガロイ 木下聡社長

4つの過去最高

タンガロイ 木下聡社長

 「東芝時代も含めて過去最高を記録できた」。そう話すのはタンガロイの木下聡社長。金額は明らかにしていないが、2018年の売上高は対前年比11%伸び、過去最高となった。しかも、それは売上高だけではない。

 新製品の発表件数も18年は47件で過去最高。生産実績も同様だ。横浜市の物流センターに自動倉庫を増設するなど、在庫も最高となった。売上、開発、生産、在庫の4つの部門で過去最高を記録したわけだが「アクセルを緩めるつもりはない」とさらに加速させる。

 足元の景況を懸念する声もあるが「我々の力で環境を変えることはできない。できるのは適応した事業を展開することだけ」と意に介さない。重要なのは「付加価値の高い商品をどれだけ提供できるかだ」とし、今年も35の新製品の発表し、19年は売上高10%増をめざす。

日本産機新聞 2019年5月9日

[ コラム ][ 情報プラス+ ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト