2020年5月27日(水)

健保を設立
トラスコ中山

 トラスコ中山は4月1日、独自の健康管理を促進するため、単一健保組合の「トラスコ中山健康保険組合」を設立した。

 組合健保にすることで、人間ドックの助成や、保険事業を独自運営できる。さらに、発足時は現在と同じ9・9%の保険料率だが、将来的には低くすることも可能になるほか、付加給付も任意で実施できるなどの利点がある。

 同社では「社員・家族の健康なくして企業の発展なしとの考えのもと、積極的に社員の健康管理を行いたい」としている。

日本産機新聞 2019年5月9日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

新カタログ無料配布 –東日製作所 –

PDFや電子版も  東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、新製品や技術資料を掲載した最新カタログ「東日トルク機器総合製品案内2020・03」(写真)の無料配布とPDFダウンロード、電子カタログの […]

コンパクト、高出力 –不二空機–

アングルグラインダ「FA‐65シリーズ」  不二空機(大阪市東成区、06-6972-2331)はこのほど、コンパクトサイズながら高出力で、耐久性、操作性、精度に優れたアングルグラインダ「FA‐65シリーズ」(写真)を発売 […]

HACCP義務化来月から –食品工場対応迫られる –

 今年6月、食品衛生法の改正で全ての食品関連事業者に導入が求められる「HACCP(ハサップ)」。食品工場などの事業者は1年以内に「HACCPに沿った衛生管理」を取り入れなければならない。各社対応に迫られる中、「HACCP […]

トピックス

関連サイト