2019年3月20日(水)

生産額見通しを上方修正 機械工具工業会

前年度比8%増に

 日本機械工具工業会(牛島望会長・住友電気工業専務取締役)はこのほど、2018年度の切削工具生産額の見通しが5108億3200万円から5210億3400万円(前年度比8%増)になるとの見通しを発表した。

 上期はダイヤ・CBNの伸び率が大きかったため、2521億2300万円から2566億6500万円(前年同期比9.2%増)に上振れするとみている。

 下期は足元の業況が非常に好調な上、今後も継続するとみられることから、下期の生産額も改訂し、従来の2587億1000万円から2643億6900万円(前年同期比6.8%増)になると予測している。

日本産機新聞 平成30年(2018年)11月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

2000名にプレゼント<br>インターモールド2019ポケットガイド

2000名にプレゼント
インターモールド2019ポケットガイド

 金型新聞社は、4月17日から東京ビッグサイト青海展示棟で開催される金型加工技術展・インターモールド2019のポケットガイド(3万部)を先着2000名に無料でプレゼントします。  5軸加工や精密・微細加工、自動化・効率化 […]

インターモールド2019
4月17日開幕 ビッグサイト青海展示棟

金型加工の最新技術一堂     第30回金型加工技術展「インターモールド2019」(主催:日本金型工業会)が4月17~20日、東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区、※現在建設中)で開かれる。  国内最大の金型加工技術 […]

付加価値高まる金型

付加価値高まる金型

金型の付加価値が上がっている。経済産業省の機械統計によると、金型の生産金額はリーマンショック以降の過去10年、ほぼ右肩上がりで回復した。一方、数量で見ると11年を境に減少が続いており、金型1型当たりの付加価値額は上がって […]

トピックス

関連サイト