2019年3月20日(水)

17年世界出荷台数 国際ロボット連盟
産業用ロボ過去最高

21年まで平均14%成長

 国際ロボット連盟(津田純嗣会長・安川電機会長)は10月18日、2017年の産業用ロボットの出荷台数が前年比30%増の過去最高となる38万1000台だったと発表した。今後も堅調に拡大し、21年までは年率平均で14%伸び、630万台になる見通しも報告した。

 17年は対前年比で30%増と急増。最大の理由が中国のスマートフォン向けの需要の拡大で、中国での販売は13万8000台と世界シェアの36%を占めるまでに成長した。

 一方、日本市場は18%増の4万5566台で過去2番目を記録。生産国として世界一で、世界販売台数の56%を占めた。

 18年の世界の販売台数は前年比10%増の421万台を見込む。17年に比べ伸び率は鈍化するが、17年の反動で需要が落ち込むわけではない。21年までは年平均14%程度の成長し、630万台に達すると予想する。津田会長は「現在もグローバルでの成長は高い。アメリカと中国の貿易戦争の影響など不安材料も若干あるが、年率14%程度の伸びを示していくと思う」と話した。

日本産機新聞 平成30年(2018年)11月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

2000名にプレゼント<br>インターモールド2019ポケットガイド

2000名にプレゼント
インターモールド2019ポケットガイド

 金型新聞社は、4月17日から東京ビッグサイト青海展示棟で開催される金型加工技術展・インターモールド2019のポケットガイド(3万部)を先着2000名に無料でプレゼントします。  5軸加工や精密・微細加工、自動化・効率化 […]

インターモールド2019
4月17日開幕 ビッグサイト青海展示棟

金型加工の最新技術一堂     第30回金型加工技術展「インターモールド2019」(主催:日本金型工業会)が4月17~20日、東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区、※現在建設中)で開かれる。  国内最大の金型加工技術 […]

付加価値高まる金型

付加価値高まる金型

金型の付加価値が上がっている。経済産業省の機械統計によると、金型の生産金額はリーマンショック以降の過去10年、ほぼ右肩上がりで回復した。一方、数量で見ると11年を境に減少が続いており、金型1型当たりの付加価値額は上がって […]

トピックス

関連サイト