2021年10月21日(木)

【ウェブ限定】自走式モデル「BYTEⅡ」―日本クランツレ

中部地方で営業強化

製造現場で活躍

自洗機 業務用清掃機器の輸入販売をする日本クランツレ(大阪府東大阪市、06・6725・8818)は、主にドイツメーカー、イタリアメーカーの製品を取り扱っており、それに合わせた周辺機器と部品もそろえ、「Danax」ブランドと総称して展開している。

 営業範囲は中部地方から関東圏で、代表取締役の嶋本正義氏は「当社製品は主に製造現場に定評があるので、自動車関連の工場にも提案するため、中部へは3年前に進出した」とし、営業を強化しているという。他社との差別化については「高品質な製品を扱うとともに、部品在庫を全てそろえてメンテナンスを充実させている。また、スペック表の作成にも注力した」とした。
 
 昨年から取り扱いを開始した、自走式自動床洗浄機「BYTEⅡ」は、大手から中堅クラスの製造現場で好評とのこと。
 
 主な特長としては、走行跡や操舵跡が残らない、耐油ノンマーキングタイヤを採用。バッテリーは連続稼働3時間、液面点検や電解液の補水などのメンテナンスが不要だ。耐久性に優れた幅745㎜のスクイジーも、水切りの仕上がりが抜群なうえ、ラバーの交換も簡単である。回収タンクは容量48ℓ(清水タンク容量45ℓ)。開口部は広く、底もフラットなので洗いやすい構造となっている。
 
 本体サイズは1170×745×1050㎜、重量は158㎏、清掃幅は530㎜。

ニッセイ 新ブランド「UXiMO」を開発

ロボット向けに高剛性減速機 ニッセイは、需要拡大が予測される産業用ロボットやAGV/AMRなどの移動体ロボット市場、その他FA機器市場向けに高剛性減速機の新ブランド「UXiMO(アクシモ)」を開発。今回、「DGHシリー […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 注目33社の出展製品

新たなニーズに応える最新の技術提案 今年のメカトロテックジャパンのテーマは「キカイを探そう」。2年ぶりの工作機械見本市とあって、メーカー各社は新製品や新技術を披露できる久しぶりのリアル展として力を入れている。自動車業界は […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 セミナー/ワークショップ/コンセプトゾーン

セミナー  (交流センター3階会議ホール、定員250人、聴講無料) テーマ「自動車」 クルマ作りの概念が変わる 講演①:「カーボンニュートラルを見据えたモノづくりの進化」 日時:10月20日(水) 13:00~ […]

トピックス

関連サイト