2022年5月28日(土)

【ウェブ限定】多点静電モニタートリンク―TRINC

近距離・遠距離のモデル2種そろえる

静電気を集中監視

静電モニター  TRINC(浜松市西区、053・482・3412)は、工場内の静電気を集注監視する「多点静電モニタートリンク」を商品化し、11月6日から販売を開始し、好評を得ている。中央管理室で千電機監視と除電器の稼働状況監視を自動的に行う。

 自動モードでは、最大105台の静電位テスターを接続して、最大200mの範囲を監視できる。

 静電位テスター毎に静電位の閾値を設定でき、閾値を超えると異常信号を出力する。ラインのなかで測定のタイミングを機械の動きに合わせたい場合も、指定された時に指定された場所で静電気を測定できる。

 一定時間間隔で自動測定する「AUTO」と、指定した1台の静電位テスターを測定する「MANUAL」があり、測定モードは測定データをパソコン画面に表示する「PCモード」と、PC無しで動作し測定値をコントローラー本体に表示する「LOCALモード」を用意している。

 静電位テスターは、対物距離50㎜(近距離モデル)と200㎜(遠距離モデル)の2種類をそろえている。価格は、近距離用が17万8000円、遠距離用は19万2000円(税別)。

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト