2024年5月23日(木)

トラスコ中山 商品検索にAI導入
システム稼働、来春めど

だれでも正確に早く

 トラスコ中山は米IBM社の人工知能(AI)を導入した。商品検索のスピードや精度を高めることが狙い。まずは2018年の春をめどに、社内向けに商品検索をしやすくするシステムを稼働させる。19年には、ECサイト「トラスコ オレンジブック.Com」に組み込み、社外向けのサービスとしても展開する計画。AIの活用を加速させるため、今年11月より大阪本社内にAI課も新設する。

トラスコ中山 AI導入
トラスコ中山が考えるAI活用のイメージ

 「熱に強くて、薬品にも対応できる手袋が欲しい」―。こうしたあいまいな表現での注文は機械工具業界ではよく見られる光景。

 トラスコ中山がAIを活用して目指すのはこんな問い合わせに対して、膨大な商品から瞬時に最適な商品を検索できる仕組みだ。

 現在、トラスコ オレンジブック.Comでの商品検索は型番やメーカー名、同社独自の発注コード(商品コード番号)で入力することが多い。

 前述のような口頭での問い合わせに対して「耐熱性、耐薬品性といった商品情報に明記されている的確な単語が必要で、商品を見つけるのに時間を要していた」という。

 1億5000万円を投じ、米IBM社のAI「IBM Watoson Explorer」活用した「商品問い合わせシステム」を構築。商品検索の速度や精度向上を図るとともに、段階的にニーズに応じた機能を拡張していく考えだ。

 まずは18年春をめどに社内向けシステムとして稼働を目指す。トラスコ オレンジブック.Com2018年版に掲載する36万点を対象に、販売店からの問い合わせなどを文字入力し、速く、正確に最適な商品を抽出できるようにする。

 18年秋には対象となる商品を132万点にまで広げる予定だ。19年中には、商品問い合わせシステムをトラスコ オレンジブック.Comに組み込み、販売店やユーザーなどでも使えるようにするという。

 今後について「文字だけでなく音声入力などの機能も拡張し、より社内外で活用できるシステムにしていく。顧客の商品問い合わせ対応の満足度を高めたい」としている。

AI課も新設
 同社では合わせて、AI課の新設も発表した。AIによる実現可能な研究や、活用計画の策定などを行う。カタログメディア部の傘下に「トラスコ オレンジブックAI課」として、大阪本社内に置き、課長含め6人体制でスタートする。

日本産機新聞 平成29年(2017年)10月25日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト